エンタメ情報まとめ minp!

フジファブリック・志村正彦お別れの会に1万5千人が献花

昨年12月24日に急逝したフジファブリックのヴォーカル/ギター、志村正彦(享年29歳)とのお別れの会「志村會(しむらかい)」が、2010年1月21日(木)、東京・中野サンプラザにて執り行われ、平日開催にもかかわらず、総勢1万5千人に及ぶファンが参列して故人を偲んだ。

「志村會」は昼の部(12時〜15時)と夜の部(17時〜20時)の二部制にて開催され、昼の部の冒頭にフジファブリック メンバーの金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(B)、山内総一郎(G)がまず献花を行う形で幕を開けた。集まったファンは、それに続くように思い思いの花と志村への思いを綴ったメッセージカードを手にしながら献花台まで長い列を作った。

この日会場となった中野サンプラザは、志村がデビュー以前に中野でアルバイトの傍ら、いつの日かこのステージに立つことを夢見て努力を重ね、その目標を叶えた思い入れのあるホール。ステージ上に置かれた献花台には、志村の出身地(山梨県富士吉田市)、およびバンド名「フジファブリック」にもゆかりのある富士山が、白のストックと青いデルフィニュームなど約1500本規模の生花により描かれ、その上に赤いギターが造花で象られ故人を悼んだ。
また、ホール外のロビーエリアには、マイクスタンド、ギター、アンプ、エフェクターなどがライヴ時のセッティングのままに再現され、生前好んでいたタバコやアイスコーヒーなどが思い出の品として展示。足元には、生前最後のライヴとなった2009年12月13日Zepp Tokyoでのイベント出演時のセットリストも貼り付けられていた。

「志村會」に際してコメントを寄せたフジファブリックメンバーも、
「今は現実と向き合い、受け入れていく時だと思っています。[金澤ダイスケ (Key)]」
「彼とはまだまだいっしょに音楽を作りたかったし、いっしょにギターを弾きたかったです。[山内総一郎 (G)]」と突然の死をまだ受け入れられない一方で、「フジファブリックとして出来る事があると思うので何かしら形にしていきたいです。[加藤慎一 (B)]」という前向きな思いもあり、今後の活動については未定ながら、メンバー3名はフジファブリックとしての音楽活動を続けていくことを発表している。
7月17日(土)に富士急ハイランド・コニファーフォレストにて予定されていた主催イベント「フジフジ富士Q」も何らかの形で開催できるように準備しているという。

  • minp!音楽ニュース(2010年01月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's