エンタメ情報まとめ minp!

タイガー・ウッズ効果で全米大ヒット中の浮気謝罪ソング、邦題サブタイトルを募集

ブリトニーやパリスなどの楽曲を手掛け、最近では「スタンド・バイ・ミー」をサンプリングしたショーン・キングストンの「ビューティフル・ガールズ」を大ヒットさせた売れっ子プロデューサー、ジョナサン“J.R.”のレーベルからリリースした若手シンガージェイソン・デルーロのデビュー曲「ワッチャ・セイ」の邦題サブタイトルを募集するコンテストが現在行われている。

1月20日(水)24:00までと、間もなく締め切りを迎えるこのコンテストだが、最優秀作品(1名)には、賞品としてi Pod Touch(32G)や2月24日(水)にリリースされる日本盤アルバム『ジェイソン・デルーロ(仮)』のCDにクレジットが掲載されるという特典も。応募の詳細については、ワーナーミュージックのHIPHOP/R&Bポータル・サイト【ザ・ファイネスト】(thefinest.jp)をご確認ください。

「ワッチャ・セイ」は、全米でリリースされると同時にラジオ・オンエアが急増し、シングル・ダウンロードが200万を突破し11月14日付の全米シングル・チャートで1位を獲得する大ヒットを記録。さらに12月に入ると、「つい出来心で浮気をしてしまった主人公が、誠心誠意彼女に謝り、必死で信頼を回復したいと申し出る」という歌詞の内容がこの頃発覚したタイガー・ウッズの浮気騒動とリンクするということで、遂にはタイガー・ウッズと夫人のそっくりさん2人が出演する本格的なパロディ・ビデオも制作される事態にまで発展している。

  • minp!音楽ニュース(2010年01月19日)
  • 制作協力:okmusic UP's