エンタメ情報まとめ minp!

ケシャ、デビュー作がいきなりアルバムチャート1位に

昨年10月にリリースしたデビュー曲"TiK ToK"がビルボードシングルチャートHot 100で4週連続1位をキープする中、満を持して発表した2010年最注目新人ケシャ(Ke$ha)のデビューアルバム"Animal"が、15万2千枚のセールスで同アルバムチャート200でもトップの座に就いた。デビューシングル、アルバムがそろってチャート1位を獲得するのは、2008年4月26日付でレオナ・ルイス(Leona Lewis)の"Bleeding Love"と"Spirit"以来とのこと。

同作の発売初週売上は当初10万枚前後と推計されていたが、発売日とその翌日のデジタルセールが予想外に伸び、セールス全体の76%を占めるという。これには、音楽配信サイトの多くがケシャを注目アーティストとして取り上げ、同作がAmazon MP3、iTunes storesでは6.99ドル(約630円)で、他の音楽配信サイトでも9.98ドル(約900円)といった特別価格で販売されたことも一因のようだ。

ケシャがトップに立ったことで、昨年末から爆発的な売れ行きで同チャートトップを6週連続で独占していたスーザン・ボイル(Susan Boyle)の"I Dreamed a Dream"は2位へとダウン、レディ・ガガ(Lady Gaga)の"The Fame"が3位。アリシア・キーズ(Alicia Keys)の"The Element of Freedom"とメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)の"Stronger With Each Tear"がそれぞれ4位、5位となっている。

関連して、"TiK ToK"はシングルチャート登場から7週目にして初の最多エアプレイを獲得したほか、新曲"Blah Blah Blah"もすでに7位にランクインするなど、ケシャの勢いは加速している模様。(t)text by notrax

  • minp!音楽ニュース(2010年01月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's