エンタメ情報まとめ minp!

トベタ・バジュン、AOKI takamasa、Ametsubらが参加した2ndアルバムをリリース

映画『西の魔女が死んだ』(2008年)や、アフリカ・セネガルの首都ダカール近郊の街を舞台にした本橋成一監督のドキュメンタリー映画『バオバブの記憶』(2009年)などサウンドトラックを手掛けたことでも知られるトベタ・バジュン(Bajune Tobeta)が、2010年1月13日(水)にアルバム『African Mode』(アフリカン・モード)をリリースした。

本作は2枚組で、CD1には映画『バオバブの記憶』の映画音楽を起点に、アフリカにイメージされるヒーリング、エコロジー、リゾートといったテイストと、トベタ本人にとって重要な表現方法であるボッサ/ラテンの感覚を織り交ぜることでより広い世界観を持たせた楽曲群を、CD2は『バオバブの記憶』映画音楽をベースにしたノンストップミックスを収録。
08年11月にリリースした1stアルバム『青い蝶』では坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、堀込泰行(馬の骨/キリンジ)、高野寛、サイゲンジらをフィーチャーしているが、今回もAOKI takamasa、Ametsub、Takashi Wadaら日本のエレクトロニック・ミュージックをリードする気鋭のアーティストとコラボレートしている。

なお、2月21日(日)Apple Store銀座にてインストア・イベント、3月28日(日)EATS and MEETS Cay(Spiral B1F/青山)にてリリース・イベントを開催するので、そちらもお楽しみに。


Bajune Tobeta 2ndアルバム
『African Mode』
2010年1月13日(水)Release
XECD-1120-21/税込定価 2,480円

『African Mode Release Event supported by Studio Voice Online & Third-Ear』
日時:2010年3月28日(日)開場/開演 17:00(予定)
場所:EATS and MEATS Cay(Spiral B1F/青山)
料金:Door 2,500円/Advance & With Flyer 2,000円

  • minp!音楽ニュース(2010年01月13日)
  • 制作協力:okmusic UP's