エンタメ情報まとめ minp!

リーラ・ジェイムス、スタックスに移籍

ソウルフルな歌声で評価の高い女性シンガー、リーラ・ジェイムス(Leela James)がソウルの名門レーベルStax Recordsに移籍したことが分かった。

リーラ・ジェイムスは2005年にWarner Bros. Recordsから"A Change Is Gonna Come"でデビューを飾ったが、その後Warnerとの契約が切れ、昨年発表した2作目"Let's Do It Again"ではインディ・レーベルのShanachie Recordsからのリリースだった。しかし彼女の歌声の評価は高く、Universal/Motown Group傘下のStax Recordsに移籍。5月4日にニューアルバム"My Soul"を発表する。リードシングルとなる"Tell Me You Love Me"は、最近では新人メラニー・フィオナ(Melanie Fiona)を手がけたアンドレア・マーティン(Andrea Martin)らが作詞作曲で関わり、マンハッタンズ(The Manhattans)の"Then You Can Tell Me Goodbye"を引用した曲。他にもこのニューアルバムには、デビュー作にも参加していたチャッキー・トンプソン(Chucky Thompson)の他、カディス&ショーン(Kadis & Sean)やカルヴィン・ハギンス&アイヴァン・バリアス(Carvin Haggins & Ivan Barias)らが参加するという。

Stax Recordsは主に60年代〜70年代にサザン・ソウルやメンフィス・ソウルの作品を発表していたソウルの名門レーベルで、オーティス・レディング(Otis Redding)やアイザック・ヘイズ(Isaac Hayes)などが在籍したことで知られる。1975年に破産したが、2006年にConcord Recordsのレーベルとして復活。アンジー・ストーン(Angie Stone)、リオン・ウェア(Leon Ware)、ティーナ・マリー(Teena Marie)、レイラ・ハサウェイ(Lalah Hathaway)、エンダンビ(N'dambi)といったソウル・ファン感涙のアーティストが所属している。(s) text by notrax

  • minp!音楽ニュース(2010年01月08日)
  • 制作協力:okmusic UP's