エンタメ情報まとめ minp!

今回はファンタジー仕立て! angela年末恒例ライヴの公式レポが到着!

アニソンシーンを中心に人気を博している、atsuko(ヴォーカル、作詞、作曲)とKATSU(作曲、アレンジ、キーボード、ギター)からなる男女ユニット・angela。彼らが2009年12月29日(火)に行った年末恒例単独ライヴ「ミュージック・ワンダー★サーカス4th」@中野サンプラザの公式ライヴレポートが到着しました!

エンターテイメントに重きを置き、ファンタジックなストーリー仕立てとなったこの日のステージ。その感動と興奮が詰まったレポートはまさにファン必読です!

--------------------------------------------------------

みんなの声が原動力! 新たなる“歯車”を回せ!
『angelaのミュージックワンダー★大サーカス 4th 〜The gear turns around〜』ライブレポート

angela年末恒例のスーパーライブ『ミュージック・ワンダー★大サーカス 4th』が2009年12月29日、東京・中野サンプラザにて開催。

『ねぇねぇおばあちゃん、町はずれのサーカス小屋につれていってよ』『ミュージック・ワンダー大サーカスのことかい。あそこには秘密があるんじゃ。あのサーカス小屋の下には昔は大きな歯車があってね。その歯車は回れば回るほど綺麗なお人形さん達がそれはそれは楽しいショーを見せてくれたんじゃ……』

 お婆ちゃん(cv.松尾佳子さん)と男の子(cv.小林由美子さん)の昔話風の会話から始まった今回のステージはファンタジー仕立て。
 いつもの『サーカス』らしくゴージャスなステージを繰り広げていたangela。しかしおなじみ3人のクラウンが舞台袖にある「ON/OFF」の目盛りのついたレバーをいたずら、レバーをONからOFF側に半分ほど動かすとなぜかangelaや、ダンサー達の動きがストップ!? さらにレバーをOFFにしてしまうと、雷鳴が鳴り響き、黒装束に真っ白な仮面をつけた闇に巣食う巨大な異形の者と、その使者たちが踊り狂い……そして、闇の中からあのドメスティック・ラヴ♥バンドが降臨!

あのangelaのバラードの名曲までもパンクサウンド&超ハイトーンシャウトでダークに変身させてカバーしまくる。しかし、Z-GATZ達メンバーがボーカル、家庭内愛子の横暴(愛子様が貝柱の養殖でドメラバの活動を疎かにしたから?)に反逆、レバーをOFFからONへ……何事もなかったかのようにangelaのステージが再開される。しかし、平穏も束の間、angelaがひもといた「ミュージック・ワンダー死海文書」には「12月29日19時54分、サーカス小屋の地下にて回りし幸福の歯車が神の意志で崩壊、世界を暗黒の都と化すであろう……」という予言が……その瞬間轟音と共に崩壊する歯車! そんな窮地を救ったのはぢぇらっ子達の「明日へのbrilliant road」の大合唱……歌の力でangelaは新たな生命を得る。

『失うことをきっかけに新しい何かを生み出すこともできる。今できることの一歩、それを踏み出すことが新しい道になるんじゃ』
……実はこのお話、atsukoお婆ちゃん(!)がKATSUぼうや(!)に語る物語だった……「歯車」をテーマにした、angelaらしいストーリーに、ぢぇらっ子達も完全に引き込まれていた。

 もちろん、ライブシーンはangelaらしく全曲全開のパワフルステージ! 今回は新曲中心だった『Land Ho!』ツアーでは歌われなかった懐かしいナンバーもいっぱいの心ニクイ選曲。バンドにはバイオリンも加わり、超踊り子隊も参加しての総勢29名構成、それぞれのシーンに合わせた衣装で華やかにステージを彩る。atsukoもダンサーとのコンビネーションダンスにトライ、なんと男性ダンサー達にリフトされてのアクロバティックなポーズを披露!
 なんといっても凄かったのは、4年前の全曲ライブ以来の「ミュージック・ワンダー大メドレー」! 前回を超える全10曲24分に渡る超ロングメドレーにはぢぇらっ子達も狂喜乱舞、コーラスを大合唱&ジャンプしまくりで盛り上がりまくった。

さらには新曲の初披露も2曲! 「みんなの歌声が2009年angelaの歌の原動力になり、今日またみなさんの声を聞いて2010年への力を蓄えました。angelaは2010年もいろんなことにトライしていきます!」という宣言と共に飛び出した新曲「キラフワ」は、atsukoさんがチア姿の超踊り子隊とポンポンを振って踊るプリティなナンバー。そしてアンコールで「2010年春公開の映画『心中天使』主題歌に決定!」とのbigニュースに続き初披露された新曲「「リアル」は…」は広がりのあるロックバラード。思わぬサプライズプレゼントの大盤振る舞い。さらに「新作『蒼穹のファフナーHEAVEN & EARTH』主題歌をangelaが担当することになりました!」というニュースまで飛び出し、もうぢぇらっ子達は歓声を上げっぱなし!

「今回はいろんなものを詰め込みすぎて、自分でやりたいといったのに自分ができないことでいっぱいいっぱいになって、それでスタッフのみんなに優しくできなかったこともあって……でもこの瞬間を迎えられて幸せです。本当にありがとう」 大きなステージをやり遂げて感無量の涙を流すatsuko、「今日来てくれたみんながこんなに楽しんでくれたということが、angelaの原動力になりました。今度はangelaがみんなの原動力になります。誓います!」とKATSUも熱くメッセージを贈る。

『ミュージック・ワンダー★大サーカスも遠い昔に一度だけ暗闇の世界に飲まれたことがあったんじゃ。その時はサーカスを愛してくれるみんなの歌声で光を取り戻すことができたんじゃ……』『お婆ちゃん、またあの歌歌ってよ』
……そこに流れるのはatsukoが歌う「幸せの温度」。
スクリーンの歯車をKATSUが回すと再び回転を始める歯車。さらにatsukoの腕の動きに合わせて「ありがとう」の文字が現れる。ぢぇらっこ達の大きな拍手&歓声に送られangelaのふたりが光に向かって歩き出していく……angelaの熱い“歯車”は今、2010年にむけて新たな始動を始めた!

  • minp!音楽ニュース(2010年01月08日)
  • 制作協力:okmusic UP's