エンタメ情報まとめ minp!

ZEEBRA、国内に音楽専門ラジオ局設立を呼びかけ!

日本人ラッパーを代表する存在の1人としておなじみのZEEBRAが、国内にヒップホップ専門のラジオ・チャンネル設立を呼びかけている。

昨年末から、容易にストリーミング・サービスが行えるUstreamがアーティストの間で注目され、口ロロ(Kuchiroro)がライブを生中継、各地のDJたちがそれぞれのミックスを生放送するなどの試みを行っている。そんななか、ZEEBRAは国産のヒップホップやR&B、レゲエからエレクトロまで幅広い‘和モノ’選曲の仮想ラジオ局WZBRを1月4日から展開。Twitterを介して一気に広まり、ヒップホップ・ファンを中心に多くのユーザーが聴き続けて話題を集めた。

このストリーミングは6日早朝まで基本的にほぼ楽曲のみ、24時間放送という形で続けられたが、ZEEBRAは幅広い音楽を紹介するメディア、チャンネルの必要性を訴えてこの放送を終了。「WZBRは『USTREAMで曲が配信できる』というメッセージではありません。『日本にも専門ラジオ局があるべき』というメッセージです」と日本の音楽界を盛り上げるための新しいメディア創出を呼びかけている。この時のコメントはネットを活用した様々なプロモーション活動を行っているDJ TAKESHIのオフィシャルブログに掲載されている。また日本でのヒップホップ・オリジネイターの1人、高木完と共催しているイベントHARDCORE FLASHを通じても新たな展開を仕掛ける構想している模様。text by notrax

  • minp!音楽ニュース(2010年01月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's