エンタメ情報まとめ minp!

復活!森友嵐士(元T-BOLAN)14年ぶりのイベント!亀田興毅も絆に感動!

『心因性発声障害』で声を失いシーンから姿を消していたT-BOLANのボーカル森本嵐士が、14年間の時を経てソロボーカリストとして奇跡の復活を果たし、先月配信リリースされた復帰作「絆」(=きずな)で初登場2位と、未だ衰えない人気を示した。

そのリリースを記念し12月25日にはC.C.Lemonホールで「SECOND BIRTH Christmas Fan meeting #00 絆」と称した完全招待制(応募抽選)によるイベントを開催。T-BOLAN時代の楽曲や新曲を披露、MCでは「14年間、そのときはすごく長かった。欲しくない14年間だった。でも今となってはもう長かったとも思わない。当時、バンドだけの人生だったけれど、この14年間があって、声を失ったことで、逆に得られた多くの仲間や想いがあった。ここから先にとても意味のある14年間になるだろう。」と語り、また、「一人じゃなかったから今がある。」と、支えてくれた多くの仲間、家族への感謝を述べた。

イベントにはT-BOLAN時代からの熱烈な森友嵐士ファンとして知られる亀田興毅(WBC世界フライ級王者)も応援に駆けつけた。2006年には、当時まだ声が完治していなかった森友嵐士に試合前の君が代斉唱を依頼し、彼の復活に一役買ったことでも知られる亀田は
「はじめて歌聴いた時、うわー、本物だー!って(笑)。(WBCの際の君が代も、)無理矢理歌わして(笑)。ほんまに、いつも勇気もらってます。小さいときから歌、聴いてました。一曲目の『絆』を聴いたとき、感動しました!」と感想を述べた。

今後の森本嵐士だが、3月26日(金)にはJCB HALLで完全復活となるライヴも決定。T-BOLAN最後のライヴ95年3月26日大阪厚生年金から15年、再びステージに立つ。

【ライブ情報】
2010/3/26(金)@JCB HALL「LIVE SECOND BIRTH 2010 〜Singing Tree〜」

  • minp!音楽ニュース(2010年01月04日)
  • 制作協力:okmusic UP's