エンタメ情報まとめ minp!

ブラーのドキュメンタリー映画、2010年1月に日本公開

今夏、9年ぶりに行われた全英ツアーとその裏側を秘蔵映像や最新インタビューなどで描いたブラー初ドキュメンタリー映画『ノー・ディスタンス・レフト・トゥ・ラン [ア・フィルム・アバウト・ブラー]』が、1月23日(土)24日(日)25日(月)の限定3日間、日本でも公開されることが決定した。

本作は、ラン・サザーンとウィル・ラヴレースという新進気鋭の若手監督が手掛けたこの作品は、イギリスそして世界のロックシーンのトップを走り続けた「ブラー」というバンドの光と影や、4人の20年に亘る友情の物語などが描かれている。

現在映画予告編がEMIミュージック内のブラー特設サイトにて公開されているが、“ブラーという奇跡”の物語、そしてリアルなロック・ヒストリーを映画館の大スクリーン、高音質のサウンドシステムで目撃できるのは日本ではこの機会だけなのでお見逃しなく。

なお、来年2月10日には今年夏の伝説となったハイド・パーク公演の模様をまるまる収録した最新ライヴ盤『オール・ザ・ピープル [ブラー・ライヴ・アット・ハイド・パーク]』の国内盤も発売決定。こちらは世界的に初回限定生産で非常に数が限られているため、現時点では実は国内でも輸入盤が若干数だけ流通している商品。国内盤も限定生産になるというから、いい音質でじっくりと楽しみたいという人は早めに入手しておこう。


■『オール・ザ・ピープル [ブラー・ライヴ・アット・ハイド・パーク]』
国内盤 2010年2月10日発売 3,500円(税込) TOCP-66935,6

  • minp!音楽ニュース(2009年12月21日)
  • 制作協力:okmusic UP's