エンタメ情報まとめ minp!

ポルノグラフィティの新曲が1月からのドラマ『宿命 1969-2010』主題歌に

ポルノグラフィティの新曲「瞳の奥をのぞかせて」が、2010年1月15日(金)からスタートするABC・テレビ朝日系ドラマ『宿命 1969-2010 〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京〜』の主題歌に決定した。

4年3ヶ月ぶりのドラマ主題歌となる今作は、「大人のドラマに合うように心の影と光をテーマに書いてみました。」とメンバーが語るように、欲望渦巻く上流社会を舞台にしたドラマに合わせ書き下ろしたミドルバラードで、その艶やかな歌詞世界にも注目。

今回が連ドラ初主演となる北村一輝も「心地好いメロディーと女心の深さを感じました。実力のあるポルノグラフィティというミュージシャンに主題歌が決まり大変嬉しく思っています。」とコメントを寄せている。

リリースは2010年2月10日に決定しており、カップリングには、彼らの故郷である広島県で全国47都道府県のランナーが競う『天皇盃 第15回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会』のために書き下ろした「Rainbow」を収録。こちらは、ランナーがたすきをつなぐイメージにも繋がる疾走感溢れるナンバーとなっている。


■リリース情報
30th Single「瞳の奥をのぞかせて」
2010年2月10日発売
SECL-847 1,020円(税込)
【収録曲】
1. 瞳の奥をのぞかせて
2. Rainbow


■ドラマ情報
ABC・テレビ朝日系連続ドラマ『宿命 1969-2010 〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京〜』
2010年1月15日スタート 金曜21時
原作:楡周平「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」(講談社刊)
出演:北村一輝、小池栄子、上原美佐、松坂慶子(特別出演)、奥田瑛二、真野響子ほか

  • minp!音楽ニュース(2009年12月14日)
  • 制作協力:okmusic UP's