エンタメ情報まとめ minp!

2010年版「時をかける少女」主題歌&挿入歌を「いきものがかり」が担当!

これまでも実写やアニメなど様々な形で映画化されてきた筒井康隆のSF短編小説の名作「時をかける少女が、2010年版として新たに劇場公開されることが決定し、主題歌をいきものがかりが担当することが決定した。

今回彼女たちが歌うのは、挿入歌に1983年の映画版で原田知世が歌い、松任谷由実が作詞・作曲を手がけた事でも知られるヒット曲「時をかける少女」のカヴァーを、さらに主題歌にはいきものがかりがインディーズ時代に発表し再リリースを望む声が圧倒的に多かった名曲「ノスタルジア」が使用される。

この音源のCDリリースは未定だが、12月23日(水・祝)から「時をかける少女」の着うた(R)配信がスタート。同日発売されるいきものがかり4thアルバム『ハジマリノウタ』初回生産限定盤には、「時をかける少女」のロングバージョンの予告編が見られるアクセスコードが封入されている。

原作者・筒井康隆氏自らの「ダイナミックに過去へ時をかけてみれば?」という新たな発案と「原作発表当時の感動を今の世代にも伝えたい!」という製作陣の想いが実を結び、新たにリメイクされる2010年版「時をかける少女」。いきものがかりの吉岡聖恵は以下のようにコメントしている

【吉岡聖恵(いきものがかり)コメント】

インディーズから大切にしてきた「ノスタルジア」は、
この作品に出会えたことで、やっと時を越えてみなさんに聞いてもらえる、
と嬉しかったです。「時をかける少女」は、まさに時代を越えても
色褪せない名曲。今回のカバーはとても光栄!
これを歌えばいくつになっても、少女に戻れるような気がします。

【作品情報}
キャスト
出演:仲 里依紗、中尾明慶、安田成美
青木崇高、石橋杏奈、千代將太
柄本時生、キタキマユ、松下優也 / 勝村政信、石丸幹二

スタッフ
監督:谷口正晃
脚本:菅野友恵
原作:筒井康隆(「時をかける少女」(角川文庫、角川つばさ文庫)
撮影:上野彰吾
照明:赤津淳一
美術:舩木愛子
編集:宮島竜治
録音:小川武
VFXスーパーバイザー:小坂一順
衣装:宮本茉莉
ヘアメイク:横瀬由美

製作:アニプレックス/エピックレコードジャパン/ボイス&ハート
スタイルジャム/クオラス/ハンゲーム/カルチュア・コンビニエンス・クラブ

配給:スタイルジャム

2010/日本/カラー/35mm/122mi/ビスタサイズ/ドルビーSR

2010年3月、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、
シネカノン有楽町1丁目ほか全国ロードショー

  • minp!音楽ニュース(2009年12月10日)
  • 制作協力:okmusic UP's