エンタメ情報まとめ minp!

『I LOVE mama』専属モデル大工原 里美デビュー曲がUSENチャート初登場11位

「経済効果100億円」と言われる益若つばさを筆頭に、モモエリこと“桃華絵里”や“るみりんご”などメディアでも話題のギャルママ界を牽引する雑誌『I LOVE mama』の専属モデル、大工原 里美(だいくはら さとみ)がデビュー曲「ちいさなキミと」でUSEN J-POP 総合チャート12月2日付で初登場11位を記録した。

長野県出身で、23歳にして2児の母という彼女の音楽デビューは元々『I LOVE mama』の雑誌企画として「ギャルママのテーマソングを作ろう!」という主旨の元スタートしたもので、読者から寄せられた感動エピソードを、大工原と編集長がもとめて歌詞にし、西野カナをプロデュースするヒットメーカー、GIORGIO13がサウンドを担当した。

遊介、JUJU、Lil’B、GReeeeN、ベッキー♪#らと共にUSENチャート入りするという驚きの結果に大工原本人は「そもそも歌を歌うことですらびっくりなのに、大反響なのが更にビックリです!でも詞の内容なんかも、きっとママなら共感出来るものだと思うし、この曲を聴いて、皆が何かを感じてくれたのかなぁ〜って思うと単純にすごく嬉しいです!この歌を聴いて、少しでも世の中のママが元気になってくれたり、ちびコがいる幸せを改めて感じてくれたりしたら嬉しいなって心から思います。」とコメント。

「ちいさなキミと」は来週15日からレコチョク独占で着うた(R)配信開始する。

【配信情報】
着うた(R)12/15(火)よりレコチョクにて独占配信開始

  • minp!音楽ニュース(2009年12月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's