エンタメ情報まとめ minp!

MACO、新曲「存在」に込めた赤裸々な想いとは?

11月26日にリリースするアルバム『23 plus』収録の新曲「夢のなか」の映像を先週公開したばかりのMACOが、さらなる新曲「存在」をYouTubeにて公開した。

この世でたったひとつの存在である自分を誇ってあげよう、というポジティブなメッセージが込められた誰しもの応援歌とも言える内容の楽曲が誕生した。

iTunes総合1位、オリコン・アルバムウィークリーランキング初登場10位を記録したメジャーデビュー・ミニアルバム『23』のデラックス・エディションとなる『23 plus』のリリースを記念したスペシャル・イベントも続々と決定。発売日前日の11月25日に池袋サンシャインシティ噴水広場、その週末11月29日に越谷・イオンレイクタウンと11月30日に西宮ガーデンズにて開催される。

MACOは「ポジティブに考えたくて、じぶん、が存在してる意味を再認識したくて、この曲を書きました」とコメントしている。

MACO コメント

“存在”と見て、少し重く見えるかもしれませんが、結果、ポジティブに考えたくて、じぶんが存在してる意味を再認識したくて、この曲を書きました。歌詞中にもありますが、“素直にじぶんを愛してあげればいい”とても難しいことだけど、ママとパパがこの世に存在させてくれた生涯を、愛してあげなきゃどうする、と思います。少しじぶんに息苦しくなったとき、この曲を聴いて少しでも何か力になれたら。

「存在」MV
http://youtu.be/qnmmZV8PltY

MACO『23 plus』リリース記念スペシャルイベント

11月25日(火) 池袋サンシャインシティ噴水広場
18:00~
11月29日(土) イオンレイクタウン 1F木の広場
一部:14:00~ 二部: 16:00~
11月30日(日) 阪急西宮ガーデンズ 4Fスカイガーデン・木の葉のステージ
15:00~
※イベント内容、その他詳細は追ってオフィシャルHP等でご案内します。

  • minp!音楽ニュース(2014年11月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's