エンタメ情報まとめ minp!

ammoflight(アンモフライト)が活動休止を発表

ammoflight(アンモフライト)が2015年1月をもって現体制での活動を休止することを、オフィシャルサイトにて発表。活動休止前最後のデジタルシングルをリリースすることも明らかになった。

ammoflightは2008年、Vo.津久井を中心に結成。力強さと甘さが共存したような津久井独特の歌声と、日常で感じる愛や夢、悩みや葛藤など普遍的なテーマをポップに描き出す音楽性、さらに個性豊かなメンバー4人のキャラクターが注目を集め、数々のインディーズ作品を経て、2012年3月、人と人との絆を歌った1stシングル「桜グラフィティ」でメジャーデビュー。以来、邦楽ラジオエアモニチャート1位を獲得し街中を賑わせた「夏色ドット」、Facebook社公認のミュージックビデオも話題を呼んだ、切ないバラードナンバー「アルタルフ~この恋の終わりに~」など3作のシングルと、多彩な音楽性を最大限に活かしたバンド史上初のフルアルバム『FLASH4』のほか、配信限定作品なども含む数々の楽曲リリースやライブなど、着実にキャリアを重ねて来たが、今回活動休止を発表。理由は、オフィシャルサイトにて「それぞれの人生をもう一度見直すため」と語られている。なお、同サイトではメンバー4人それぞれのコメントも掲載している。

また、活動休止前最後のデジタルシングルをリリースすることも明らかになった。タイトル、配信日は後日発表予定とのこと。さらに、2015年1月31日(土)にはShibuya eggmanにて、こちらも休止前最後となるワンマンライブを行うことが決定。チケットの販売は11月15日からスタートする。デジタルシングルとライブ、どちらも注目しよう。

「ammoflight" oneman live 〜TERMINAL〜」

2015年1月31日 (土) Shibuya eggman
開場18:00 / 開演18:30
料金:ALL STANDING Adv¥3000 Door¥3500(税込・ドリンク代別)

  • minp!音楽ニュース(2014年11月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's