エンタメ情報まとめ minp!

T-BOLANのヴォーカルが10年ぶりに復活! バンド解散の真相を明かす

90年代の音楽シーンを席捲し、1999年突然の解散を表明したT-BOLANのヴォーカル森友嵐士が、10年ぶりに復活し11月26日(木)に、新曲「絆」を着うた(R)でリリースすることが分かった。

1991年「悲しみが痛いよ」でメジャーデビューしたT-BOLAN。以降、「離したくはない」「Bye For Now」「マリア」などの数々のヒット曲を生み出し、総売上は1500万枚以上を記録した。ところが人気絶頂の1995年に突然のライヴ活動休止、そのまま1999年に『それぞれの音楽活動の可能性を広げるため』という理由で解散が発表された。

だが、本当の解散の理由は、ヴォーカル森友嵐士の『心因性発声障害』。原因は精神的ショック、ストレス、疲労とされており、喉頭には何の異常も無いのに話をしようとすると声が全く出なくなるという病気だ。このため、森友は歌うことが全く出来なくなったという。

解散以降、森友は富士の麓に移り住み、心身を癒すための日々を送っていたが、転機となったのは2005年のこと。バンド時代の仲間であるギターの五味孝氏との再会をきっかけに、歌を取り戻すための具体的なアクションを起こす決意をし、音楽シーンへの復帰を遂げることとなった。

その第1弾となる「絆」は、復活までの長い期間、森友を支え続けた多くの仲間、家族、自身の強い想いを歌ったメッセージソング。一時歌声を失っていたとは思えないほどの出来で、むしろ、歳を重ねたからこその魅力がプラスされている。T-BOLAN解散から10年、最後のライヴから約14年。どん底から這い上がってきた者にしか紡ぎ出せない、心に響く渾身の一曲が完成した。


【配信情報】
2009.11.26 新曲「絆」、レコチョクにて着うた(R)スタート!!

【イベント情報】
2009.12.25 渋谷 C.C.Lemon ホール
SECOND BIRTH Christmas Fan Meeting #00 〜絆〜
招待制1000組2000名(応募抽選)

  • minp!音楽ニュース(2009年11月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's