エンタメ情報まとめ minp!

ギャラクティック+ベネヴェント・ルッソ・デュオの主要メンバーによるスーパーバンドが来日!

ニューオーリンズ・ファンクの雄、ギャラクティックのドラマー、スタントン・ムーア。大雨の『フジロック06』で繰り広げたパフォーマンスでその名を広めたベネヴェント・ルッソ・デュオのキーボード奏者、マルコ・ヴェネベント。日本でもジャム/ジャズ・バンドフリークに熱烈に支持されている、クリッターズ・バギンの奇才サックス奏者、スケーリックとヴィヴラフォン奏者、マイク・ディロンの4人によるドリーム・チーム、GARAGE A TROIS(ガラージ・ア・トロア)の初来日ツアーが来年2010年1月に決定した。

日本でも高い人気を持つライヴ・バンド3組の重要人物達が『理想の音楽を追い求めて結成したグループ』として知られるGAT。
長年、ジャム/インプロ・シーンでは「伝説のユニット」として語り草になりつつも、多忙なメンバー達のスケジュールが難航し来日は困難と言われていたが、今回3作目のアルバムのリリースと共に待望の来日がようやく実現する運びとなった。

ツアーの日程は1月29日(金)名古屋ボトムライン、1月30日(土)柏ドランカーズスタジアム、1月31日(日)Shibuya DUO -Music Exchange-。

31日のShibuya DUOは、メデスキ、マーティン&ウッドやエルメート・パスコアールなど先鋭的なアーティストを招聘してきた伝説のパーティーOrganic Groove(オーガニック・グルーヴ)と近年ユニークな招聘で知られるcontrarede(コントラリード)とのタッグによる初の開催となる。チケットの先行発売は31日の東京公演Organic Grooveに関しては11月9日(月)-11日(水)の期間でe+での先行プレオーダー、同じくcontrarede webでも先行予約(枚数限定)を11月20日(金)まで行う予定となっている。

またこの来日を前に彼らの3作目のアルバム『POWER PATRIOT』が12月16日に国内盤リリースすることも決定した。これまで通り独奏性溢れるアヴァンギャルドなプレイも展開される反面で、ポスト・ロックやエモ、エレクトリック・ジャズといった多彩な音楽などにも通じる自由度と心地良さに溢れたジャンルレスなアルバムに仕上がっている。元々CDに収められた内容を遙かに凌ぐパフォーマンスでライヴ・ミュージックファンを唸らせて来たGARAGE A TROIS(ガラージ・ア・トロア)だけに、これらの素材が生演奏でどの様に昇華されるかが大きな注目となる。


【- GARAGE A TROIS JAPAN TOUR -】
1/29 (Fri) Nagoya BOTTOM LINE
1/30 (Sat) Kashiwa Drunkard's STADIUM

1/31 (Sun) Shibuya DUO, "ORGANIC GROOVE"
w/ and more....
open 17:00 / start 17:00
adv 4,800yen / door 5,500yen

and more....

  • minp!音楽ニュース(2009年11月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's