エンタメ情報まとめ minp!

海外BIGアーティスト参加の超人気ゲームBGM集“ウイイレ”に日本人が参加!

11月5日に発売された人気サッカーゲーム「Wining Eleven 2010」(以下ウイイレ)のBGMに、日本から4人組ラウドロックバンドPay money To my Pain(通称P.T.P)を含む3アーティストが参加していることが分かった。

ウイイレにはフットボールの聖地、イギリスの顔であるKeaneやStereophonics、The Chemical Brothers、Paul Wellerといった大物ミュージシャンに加え、Klaxons、Black Kids、Delphicといった新世代のアーティストらがウイイレのメニューやハイライトシーンを飾っている。

そんな豪華メンツが名を連ねる中、P.T.Pは2ndアルバムに収録されている「The answer is not in the TV」で参加。今年のSUMMER SONIC 09でもライヴパフォーマンスが高い評価を受ける中、その素顔はまだまだ謎に包まれているが、ヴォーカルのKはストリートファッション誌などにモデルとして登場するなどファッションアイコンとしても人気を集め、11月14日発売のストリート誌『Ollie』ではRIZEのJESSE(MC/Gt)と共に表紙を飾っている。

雑誌の発売日には新木場スタジオコーストにて開催される同誌の創刊10周年記念イベント『MADOllie』に出演する他、音楽チャンネルMTVのVJとして活躍中のBoo氏プロデュースのイベント『BooXmas09』(12/24、12/25 @Zepp Tokyo)と、毎年恒例のライヴフェス『COUNTDOWN JAPAN09/10』(12/29 @幕張メッセ)にも出演が決定している。

【「Wining Eleven 2010」BGM】
『after you wake up』
2009年11月5日(木)発売 2,300円(税込)
収録曲
01. Here I'm singing
02. Position
03. Lost the voice
04. Price to pay
05. Ligarse
06. The answer is not in the TV
07. Terms of surrender
08. Same as you are
09. Bury

  • minp!音楽ニュース(2009年11月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's