エンタメ情報まとめ minp!

名曲をボッサアレンジ、トベタバジュン・プロデュースの『冬ボッサ』がDL好調

洋邦の名曲を最新のクラブ系ボッサと女性ボーカルでカヴァーするプロジェクト「アトリエ・ボッサ・コンシャス」が、10月21日より配信リリース作品『冬ボッサ』を発表し、発売依頼ダウンロード総合チャートで1位を獲得するなど好調なセールスを記録している。

ワーナーミュージック・ジャパンが、気鋭のクリエイター、トベタバジュンをサウンド・プロデュースに迎え5人の女性ボーカリストを起用し制作した『冬ボッサ』は、ワム!「ラスト・クリスマス」やドリームズ・カム・トゥルー「WINTERSONG」など、洋楽、邦楽問わず名曲にスポットを当てたスタイリッシュなカヴァーアルバムで、10曲のダウンロード価格が600円という超低価格で販売されていることが、ダウンロードが開始されて以来口コミで一気に広がり話題となり、強力盤のリリースが相次ぐにもかかわらず、総合チャートで1位を更新し続けている。

プロデューサーのトベタ・バジュンによると「雑貨店、ファッション・ビル、美容室やカフェなど、年末に賑わう街を想像してサウンドを仕上げました。少しざわめいて、楽しげで、でもどこか切ない・・・そんなこの時期のBGMになってくれると嬉しいです。」と語る本作、ジャケットには、人気ファッション誌「Ane Can」専属人気モデルの高垣麗子を起用。ジャケット撮影時以来のお気に入りの1枚で、「とってもHAPPYな気持ちになれる、この冬オススメの1枚ですね」と語っている。大手の携帯配信サイトでは、ダウンロード特典として、彼女の待ち受け画像をプレゼント中。またCDでの発売も11月4日に決定している。

  • minp!音楽ニュース(2009年11月03日)
  • 制作協力:okmusic UP's