エンタメ情報まとめ minp!

ソニック・ユースも出演、映画「NOISE」が遂にDVD化

今夏、東京吉祥寺バウスシアターでの“爆音”上映ほか全国にて劇場公開され、スマッシュヒットとなった映画『NOISE』の待望のDVD化が決定した。

この作品は、影響を受けたバンドが世界中に数限りないほど存在するオルタナティヴ・ロックの最高峰ソニック・ユースのメンバー4人が、MIRROR/DASH(サーストン・ムーア&キム・ゴードン)、TEXT OF LIGHT(リー・ラナルド&スティーヴ・シェリー)という、2人ずつ2組のユニットに分かれて参加するというレアな映像を始め、個性的なアクトが数多く登場した、2005年6月開催・フランス、サン=ブリューのアート・ロック・フェスティバルのライブドキュメント映像作品となっている。

アヴァンギャルドな音楽性で高く評価されているソニック・ユースであるが、ソニック・ユース本体でも演ったことがないような超絶にアヴァンギャルドかつフリーキーなライヴ・パフォーマンスがこのフェスでは披露され、大変貴重なライブとなった。その演奏の模様は、このフェスのディレクション全体も担当しており、今年『夏時間の庭』『クリーン』という二本の作品が立て続けに日本公開されたフランスの鬼才オリヴィエ・アサイヤス監督の手によって、臨場感溢れるライヴ・ドキュメンタリー映像として収められている。

ソニック・ユースの他にも、カナダのノイズポップバンド:メトリック、アフェル・ボクームやアラといったアフリカの土着的民族音楽を奏でるアーティスト、名優ジャンヌ・バリバールほか地元フランスの前衛的なパフォーマンスユニットなど、多彩な顔ぶれが揃い、それぞれ強烈に個性的なステージを披露した様子が克明に記録されている。また、先ごろ新作を発表したばかりのジム・オルークがエンディングで書き下ろしの音楽と映像を提供しており、サイケデリックな彩りを添えている。

この『NOISE』、オルタナ・ミュージックファンには十分に垂涎物の内容となっているが、それ以外の人にも強烈な音楽&映像体験が楽しめることは間違いないだろう。是非観て欲しい作品だ。


■リリース情報
ライヴ・ドキュメンタリーDVD『NOISE』
2009年12月9日発売 KIBF-707 4,935円
出演:ソニック・ユース、メトリックetc
監督:オリヴィエ・アサイヤス

  • minp!音楽ニュース(2009年10月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's