エンタメ情報まとめ minp!

「風とロック」イベント限定日本初の“ゆべし付CD”を発売

福島県出身のTHE BACK HORNの松田晋二と「風とロック」の箭内道彦による同郷ユニット“ゆべしス”が伝統銘菓ゆべし付1stアルバムを『風とロックFES福島』会場限定で販売した。

『I’M REAL TIME 中毒』というタイトルのゆべしスのアルバムは、10月18日(日)に、『風とロック』と福島民報社との共同主催で開催されたイベント『207万人の天才。風とロックFES 福島』で会場限定207セットを販売、当然ながらあっという間にソールドアウトなった。

箭内が手がけたタワーレコードの広告撮影にTHE BACK HORNが起用されたことが切っ掛けでスタートしたこの2人のユニット。同郷ということで意気投合し、ラジオ出演や取材等で会う機会を重ねた松田と箭内が、昨年5月2人が出演したトークショーで福島県人によるスペシャルユニット”ゆべしス”を結成と発表。昨年夏に開催されたリリー・フランキー主催のイベントや、タワーレコード渋谷店での2度のミニライブ、風とロックFES前夜祭への出演など活動の場を広げていた。

バンド名にもなっている「ゆべし」は、福島県が誇る銘菓の名前で、製造元の創業150周年の老舗「かんのや」が彼らの活動に賛同し今回の企画が実現。イベント名『207万人の天才。風とロックFES』という名前にならい、ゆべしス1stアルバム・かんのやのゆべしセットも207セット用意したそうだ。
そんな「ゆべしス」だがこの活動を機に福島県観光大使にも選ばれるなど、県のPRに一役買う活躍を見せている。

  • minp!音楽ニュース(2009年10月19日)
  • 制作協力:okmusic UP's