エンタメ情報まとめ minp!

ジャズ&ブルース界の国宝ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド初来日

「ジャズ&ブルース界の国宝」とも呼ばれ、現役であり伝説のバンド「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド」(HBJB)の初来日が決定した。11月6日(金)に兵庫県のジーベックホールで単独公演、11月7日(土)に東京 淀橋教会で盲目のR&Bシンガー木下航志とタッパー洞至と共に一夜限りのスペシャル・コラボライヴを開催することが明らかとなり、日本のジャズ・ファンの間で話題となっている。

HBJBは、医師でジャズの歴史家&創立者でもあるアルバート・ヴォルマー博士のもとに「夢と希望、そして生きることの楽しさを分かち合うアーテストたち」が集まり、1973年に設立された。平均年齢約80歳という、今活躍するジャズグループでは最高齢で、グループ存続最長も誇るオーケストラだ。長年の活動のなかで広い年齢層のファンから格段の敬意を払われている彼らの功績は「The Last Of The First」という映画が製作され、トライベッカ・フィルム・フェスティバルでも発表されるほどの評価を受けている。バンドメンバーは、1920〜30年代の世界恐慌時代に活力を世に与え、明るい灯を点し続けたデューク・エリントン、ルイアーム・ストロング、キャブ・キャロウェイ、カウント・ベーシー、などのジャズマスターのもとで演奏したオリジナルメンバーだ。「世界の人間国宝」の称号をも与えられるHBJBの初来日の実現、垂涎もののライブとなることは間違いない。

また、東京公演でコラボレートする木下航志は、未熟児網膜症のため生後1ヶ月で失明した盲目のR&Bシンガー。そのハンディをものともしない見事な歌声で、観客を次々と魅了し続ける木下とのコラボに、演奏のかたわら音楽を愛する若者との交流を楽しみにしているHBJBも大いに喜んでいるとのこと。ライヴ会場の日本最大級のプロテスタント教会「淀橋教会」もNYトリニティー教会で行われた演奏を再現しようと選ばれた場所で、1920〜30年代の「古きよき時代のハーレム・サウンド」を、HBJBの演奏で堪能するのにこれ以上ないロケーションといえるでしょう。チケットは現在発売中。

【イベント情報】
『ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド』
出演:ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド/若井ぼん/白井崇陽(ヴァイオリニスト)/神戸JAZZ オーケストラ
日程:11月6日(金)開演 18時30分開演 開場18時
会場:ジーベックホール(兵庫)
料金:前売り4,000円、当日4,500円(全自由席)
チケット申し込み:
イープラス
(eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0106:P2=034077:P3=0001)

『ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド日本公演〜子ども虐待防止オレンジリボン運動支援公演〜』
出演:ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド/木下航志/洞至
オープニング・アクト:TAKAYUKI
問い合わせ:03-5766-3750 (HJBB日本公演事務局)平日11AM-5PM
日程:11月7日(土)15時開演 14時受付開始(整理券配布あり)
会場:淀橋教会(新宿区大久保駅隣接)
料金:6,000円(一般)、11,000円(ペア1組)、当日6,500円(当日は、ペアチケットの取り扱いはなし・全席自由)
チケット申し込み:
GOSPEL NOWショップ
(cart05.lolipop.jp/LA03647416/?mode=ITEM2&p_id=PR00101755545)
イープラス
(eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002033763P0030001P0006)
淀橋教会
03-3368-9165

  • minp!音楽ニュース(2009年10月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's