エンタメ情報まとめ minp!

トム・ウェイツの名曲がフジテレビ開局50周年ドラマ『不毛地帯』エンディングテーマに

10月15日よりスタートするフジテレビ開局50周年ドラマ『不毛地帯』。山崎豊子の小説が原作で主演の唐沢寿明ほか豪華出演者や、坂本龍一のメインテーマなどが放映前から話題となっているが、この大作ドラマのエンディングテーマにトム・ウェイツの名曲「トム・トラバート・ブルース」が起用されていることが明らかとなった。

この曲は1976年のアルバム『Small Change』に収録されていたナンバーで、当時の荒んだ生活や失恋についてトム・ウェイツが綴った曲集の1曲。彼の最大の魅力であるあのダミ声とウィットに富んだ歌詞で、荒れた生活を活き活きと描いた極上のバラードとなっている。
現在ワーナー・ミュージック・ジャパンのサイト内のコンテンツ『Warner Music Life』では、番組放映に合わせトム・ウェイツ「トム・トラバート・ブルース」の試聴をスタート。今後ドラマ放映に合わせトム・ウェイツとその音楽にスポットを当てた情報を更新していく予定だ。

  • minp!音楽ニュース(2009年10月15日)
  • 制作協力:okmusic UP's