エンタメ情報まとめ minp!

秋元康、AKB48の次は元敏腕刑事をプロデュース

“なかやん”こと中谷満男は、元大阪府警捜査一係という異例の経歴の持ち主で、数々の強盗・殺人等の凶悪犯罪を解決してきた元敏腕刑事。そんな“なかやん”の歌手デビューするきっかけとなったのは、「50歳以上の歌手オーディション」。秋元康が総合プロデューサーを務める「深呼吸倶楽部」によるシニア世代の夢を応援する「夢には、まだ、間に合う。」プロジェクトの第一弾として企画されたこのオーディションで、勝新太郎を彷彿とさせる渋く迫力のある歌声が審査員の高い評価を受けて見事最優秀を獲得、夢への切符をつかみとった。

今回のデビューにあたってプロデューサー秋元康が書き下ろした「浪花刑事ブルース」は、必ずしも華やかなものではない刑事の生活や悲哀、そして犯人を追いかけ続ける執念のようなものを感じさせて胸に響くブルース演歌となっている。

これまで幾多の「ホシ」を捕まえてきた62歳の元刑事。第ニの人生ではスター歌手というもうひとつの「ホシ」をその手でつかむことができるのか!?

  • minp!音楽ニュース(2009年10月14日)
  • 制作協力:okmusic UP's