エンタメ情報まとめ minp!

ついに完結!映画「のだめカンタービレ 最終楽章」サントラ発売決定

今年12月19日及び2010年春に前編・後編2部作として連続公開される映画『のだめカンタービレ 最終楽章』のオリジナル・サウンドトラックが、2009年12月9日(水)にリリースされることが決定した。

「のだめカンタービレ」は、コミックでは3000万部のセールスを突破、2006年フジテレビで放映された連続ドラマも高視聴率を記録している人気作。今回ファン待望の映画化でいよいよ完結を迎える。

また、これまでにも実写ドラマと連動したCDがリリースされ、クラシックのCDとしては異例の販売実績を記録するなどサントラへの注目も高い。
今回のCDでは、すでに予告編として流れているタイトル曲としてお馴染みとなった「ベト7」(ベートーヴェン交響曲7番 イ長調 作品 92)をはじめ、映画本編のためにすべて新録音した、新規音源を使用。前後編にわたる数々の楽曲を3枚組み各70分以上にわたりたっぷりと収録して価格は3800円(税抜)。
演奏は、録音、コンサートなどで実績を高めてきた「のだめオーケストラ」を中心に各ジャンルのスペシャリストを起用。特に、のだめの演奏するピアノシーンについては、世界でもトップクラスのピアニストとの奇跡のコラボレーションが実現した。映画本編ではもちろん、本CDでは、後編登場楽曲を先取りしたスペシャルディスクとして収録される(演奏者は製作途中につき近日発表予定)。

■『のだめカンタービレ 最終楽章』
2009年12月9日(水)発売
ESCL 3343-3345 3枚組 30曲収録予定 3800円(税抜)

【DISC1】「千秋編」
千秋の指揮するオーケストラ楽曲を中心に収録
ベートーヴェン:交響曲第7番、デュカス「魔法使いの弟子」、ラヴェル「ボレロ」、バッハ:ピアノ協奏曲第1番ほかより
【DISC2】「のだめ編」(後編先取りプレミアディスク)
モーツァルト:ピアノソナタ第11番、ショパン:ピアノソナタ第3番、ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番、ショパン:ピアノ協奏曲第1番、ラヴェル:ピアノ協奏曲、ほかより
【DISC3】「ミルヒーと仲間たち編」
モーツァルト:オ-ボエ協奏曲、ジョリヴェ:バソン協奏曲、ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザーク:チェコ組曲より「ポルカ」ほかより

※映画製作中につき、収録内容は変更される可能性があります。

  • minp!音楽ニュース(2009年10月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's