エンタメ情報まとめ minp!

植田真梨恵、ワンマンライブにて新曲「ザクロの実」の初披露

9月23日(火・祝)に東京・原宿アストロホールにて、植田真梨恵がメジャーデビュー後初のワンマンライブを行なった。

会場は秋に突入した外気に関係なく熱気に包まれていた。大阪・東京共に早々とソールドアウトとなったメジャーデビュー後初のワンマンライブは会場に入りきれないほどのファンが来場し、定時にスタートできず10分押しでスタートした。

インディーズ時代の人気曲「メリーゴーランド」「ミルキー」と立て続けに披露すると会場のボルテージは一気に上昇。「ようこそ!」の掛け声と共にインディーズラストシングルから「心と体」をはじめ懐かしい代表曲を披露し、一体感を増した会場に対して「シンクロ」で手拍子を煽り、植田真梨恵の世界へと導いていく。ライブ中盤では、バンドメンバーがステージを降り、植田真梨恵一人でメジャーデビューシングルに収録されていた「ダラダラ」をギター弾き語りで披露。バンドスタイルとは違う世界観を生み出す。

後半戦に突入するとメジャーデビューシングル表題曲「彼に守ってほしい10のこと」からノリの良い疾走感のある楽曲が続き、「変革の気、蜂蜜の夕陽」で本編が終了。アンコールが鳴りやまない中、“10のこと"Tシャツを着た植田真梨恵とバンドメンバーが再びステージに登場。ここで植田真梨恵の口から2つの重大発表が行なわれた。まず、2013年から定期的に開催されてきた植田真梨恵の歌とアコギとピアノだけで、どこまでも誰よりも自由に歌う“ラズワルドピアノワンマンツアー"の開催。東京は2015年1月10日(土)渋谷wwwで、大阪は1月18日(日)BIG CATでの開催が決定した。チケットはオフィシャルHPにて最速先行が行なわれる予定との事。そして、メジャーデビュー第2弾シングル「ザクロの実」を11月19日(水)にリリースすることを発表! 会場全体が歓喜とどよめきと黄色い歓声に包まれる中、どこよりも早くその新曲「ザクロの実」を初披露。ギター弾き語りのイメージも強い彼女が、ギターレスで挑む良い意味でユーザーを裏切る秀作である。アンコール最後は「サファイア!」で大合唱の中終演。インディーズでの長い助走期間を経て、一気に飛び出した彼女の本気が滲み出た最高の空間に熱気が冷めやまない会場を後にした。

【セットリスト】

01.メリーゴーランド
02.ミルキー
03.心と体
04.きえるみたい
05.未完成品
06.シンクロ
07.世界の終わり
08.おおかみ少年
09.アリス
10.ダラダラ
11.朝焼けの番人
12.愛と熱、溶解
13.彼に守ってほしい10のこと
14.S・O・S
15.よるのさんぽ
16.カーテンの刺繍
17.中華街へ行きましょう
18.ハルシネーション
19.変革の気、蜂蜜の夕陽
――アンコール――
E1.ザクロの実
E2.サファイア!

シングル「ザクロの実」

2014年11月19日(水)発売
GZCA-4141/¥1,200+税
※スペシャル映像が見られるパスワード封入
<収録曲>
01.ザクロの実
02.ハイリゲンシュタットの遺書
03.朝焼けの番人
04.ザクロの実 –off vo.-
05.ハイリゲンシュタットの遺書 –off vo.-

「植田真梨恵LIVE OF LAZWARD PIANO –青い廃墟-」

2015年1月10日(土)  東京 渋谷WWW
2015年1月18日 (日) 大阪 BIGCAT 

<チケット最速先行> 
9/23(火)20:00~10/5(日)23:59
※オフィシャルホームページにて

  • minp!音楽ニュース(2014年09月24日)
  • 制作協力:okmusic UP's