エンタメ情報まとめ minp!

ポケモン、FF、ロマサガなど名作RPGの戦闘曲コンサート開催

名作ゲーム音楽をオーケストラ楽器で演奏するコンサート“「THE LEGEND OF RPG COLLECTION - でんせつ の めいきょく れんぞく おんがくかい - 」第三章 金管打楽シンフォニー「伝説の剣とリズム」”が、2014年10月4日(土)新宿明治安田生命ホール(新宿駅)にて開催される。


同コンサートは、音楽の三大要素である、メロディー、ハーモニー、リズムの全てを網羅する公演シリーズの最終章。2014年6月1日(日)より始動した「THE LEGEND OF RPG COLLECTION」室内楽コンサートシリーズ 第一章 木管シンフォニー「伝説の魔法とメロディー」、第二章 弦楽シンフォニー「伝説の盾とハーモニー」の両公演は完売御礼の人気ぶりであったという。

三部作の最終章「第三章 伝説の剣とリズム」は名曲戦闘曲のコンサートとなり、「ポケットモンスター」「FINAL FANTASY」「ロマンシング サガ」「クロノ・トリガー」「クロノ・クロス」「キングダムハーツ」の選りすぐりの名曲が演奏される。米国ツアーを成功させた“ai kuwabara trio project”よりピアニストの桑原あい、国際コンクールを制したサックスプレイヤーの松下洋、ソノダバンドで一世を風靡した園田涼が編曲家に加わり、豪華メンバーでシリーズ最終章を盛り上げるコンサートになるとのこと。

また2015年より、名作RPGの名曲をフルオーケストラでお届けする「THE LEGEND OF RPG - でんせつ の めいきょく おんがくかい - 伝説のオーケストラ」の全国ツアーが決定。詳細については公式サイト(http://jagmo.jp)をチェックしよう。

--------------------------------------------------------

■「THE LEGEND OF RPG COLLECTION」 - でんせつ の めいきょく れんぞく おんがくかい - 第三章「伝説の剣とリズム」

*日時:2014年10月4日(土)
 昼公演…開場 12:30/開演 13:00
 夜公演…開場 16:30/開演 17:00

*場所
新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口徒歩2分)
(http://meijiyasuda-life-hall.com/access/index.html)

*料金
前売り 6,000円/当日 6,500円

*オフィシャルWEBサイト
http://jagmo.jp

*チケット購入サイト
●イープラス
⇒http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002124152P0030003P0006
●ローソンチケット
⇒http://l-tike.com/d1/AA02G08F1.do?search_category=LTCK&stdiv=LTCK&keyword=RPG&category=LTCK&FWDT=RPG&DBNID=7&ALCD=1&GGID=LT&CTGY=1&CTGY=4
≪ローソンチケット Lコード≫36852
●チケットぴあ
⇒http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1423334

<プログラム>
・ポケットモンスター 戦闘曲メドレー
「戦闘!プラズマ団」/ポケットモンスター BW2
「戦闘!シロナ」/ポケットモンスター BW
「戦闘!ジムリーダー(カント―)」/ポケットモンスター BW2
「ラストバトル(VSライバル)」/ポケットモンスター 赤・緑

・キングダムハーツ
「Traverse Town」
「Night of Fate」

・クロノ・トリガー
「戦い」
「エイラのテーマ」
「燃えよ!ボボンガ!」
「ボスバトル2」

・クロノ・クロス
「時のみる夢」
「疾風」
「死線」

・ロマンシング サ・ガ 3
「ポドールイ」
「玄城バトル」
「ラストバトル」

・FINAL FANTASY
「The Landing」 FINAL FANTASY VIII
「仲間を求めて」 FINAL FANTASY VI
「闘う者達」 FINAL FANTASY VII
「バトル2」 FINAL FANTASY IV
「いつか終わる夢」 FINAL FANTASY X

*舞台制作:株式会社綜合舞台
*運営  :株式会社サンライズプロモーション東京
*主催  :株式会社JAGMO

*出演者
特別編成:JAGMO金管打楽シンフォニー 選抜メンバー


<桑原あい ピアニスト>

1991年生まれ。2010年、洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでにピアノを蟻正行義、山下葉子、財満和音の各氏に師事。
2004年、雑誌「AERA」に天才エレクトーン少女として掲載。2010年4月にファーストライヴを行い、企画・演出・作曲のすべてを自身で手がけ好評を得る。2011年5月から8月にかけ、ヤングアメリカンズ・ドイツ公演のピアニストとしてドイツに滞在し演奏活動を行う。2011年10月から11月にかけて、大泉洋『大泉ワンマンショー』のピアニストとして全国ツアーに参加。ファッションブランド「mastermind JAPAN」初のオフィシャルCD参加や、Def Techベストアルバム参加など、レコーディングワークも多数行う。2012年5月にすべて自主制作された1stアルバム『from here to there』にボーナストラックを加え、同年2012年11月に株式会社イーストワークスエンタティンメント(ewe)からリリースし、全国デビューを果たす。翌年2013年4月にリリースした2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』は、タワーレコードジャズチャート1位を獲得、JAZZ JAPAN AWARD2013アルバム・オブ・ザ・イヤー:ニュー・スター部門受賞。2013年には、サッポロシティジャズ札幌公演・東京公演共に出演。第12回東京JAZZフェスティバル(東京国際フォーラム・ホールA)出演。初の海外ツアーとなる、アメリカ西海岸4都市ツアーを成功させる。第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門≪ブライテスト・ホープ賞≫受賞。2014年4月、3枚目のアルバム「the Window」をリリース。


<松下洋 サックスプレイヤー>

1987年生まれ。2011年、洗足学園音楽大学音楽学部を成績優秀賞を受賞し首席で卒業後、東京芸術大学別科卒業。現在、東京芸術大学院修士課程二年次在中。
第4回ジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクール第一位を授賞し、ダリウス・ミクルスキ指揮タイフィルハーモニックオーケストラと披露演奏会で協奏曲を共演。第1回いちのみや音楽コンクール優勝。第31回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第ニ位授賞。2012年みなとみらい小ホールにてリサイタルを開催しデビュー。2013年スペインのサクソフォニストであるPEDROSAXOと東京、横浜、名古屋リサイタルツアーを催す。2014年みなとみらいホールにてコンセプトリサイタル「for Clara」を催す。旭井翔一氏による「パガニーニ・リミックス」協奏曲を委嘱、山口俊一指揮にて東洋英和女学院ウィンドアンサンブルと初演。アジア吹奏楽交流演奏会にて伊藤康英指揮、洗足学園音楽大学グリーン・タイウインドアンサンブルと「幻想的協奏曲」を共演。その他、ヤマハ横浜吹奏楽団など、数多くの吹奏楽団・オーケストラの客演ソリストを務める。プレッサー社より出版されるゲイリー・ショッカー氏の「2本のフルートの為の3つの踊り」のサクソフォーン版アレンジを担当。超絶技巧のスタイル、21世紀のトレンドを掴んだ企画、現代奏法のレクチャー、新曲初演なども多く、新境地を目指し全国で活動。サクソフォンを堺武弥、原ひとみ、原ひろし、池上政人、林田祐和、須川展也、平野公崇の各氏に師事。


<園田涼(Ryo Sonoda)>

ピアニスト・キーボーディスト・作曲家。
東京大学在学中にシンセサイザー・コンテストで全国一位を獲得、また同時期に藤井フミヤ・ゴスペラーズのバックキーボーディストを務め、プロ活動を開始する。2010年に自身の率いるインストゥルメンタルバンド「ソノダバンド」がメジャーデビュー。ほぼ全ての楽曲を作曲・編曲し、国内に留まらず海外でも数多くのフェスに出演。三枚のアルバムをリリースする他、様々なアーティストとのコラボレーション、CM音楽やドラマ音楽の提供などを活発に行うも、2014年3月に解散。
2013年、自身初のソロピアノアルバム「Do (Not) Let Me Go」をリリース。
現在は定期的なソロピアノコンサートの他、ライブサポートやレコーディング、CMやドラマ、ゲーム音楽の提供、作家・江國香織の朗読とピアノ即興演奏のコラボレーション、TBS「Sing! Sing! Sing!」審査員、同局「音楽の日」ハウスバンド、高橋洋子×京都交響楽団による「残酷な天使のテーゼ」オーケストラ編曲、中高生に向けた講演など、幅広く活動を行っている。


関連リンク:

JAGMO | Japan Game Music Orchestra 公式サイト
⇒http://jagmo.jp

  • minp!音楽ニュース(2014年09月14日)
  • 制作協力:okmusic UP's