エンタメ情報まとめ minp!

チューリップのギタリスト安部俊幸氏が脳出血で死去

チューリップのギタリストである安部俊幸氏が7月7日に居住していたインドで脳出血のため亡くなったことが、9月9日に所属レーベルであるビクターエンタテインメントより発表された。64歳だった。故人の強い遺志に従い、葬儀は現地で近親者のみの密葬で執り行なわれ、しのぶ会などについても遺族の意向で行う予定はないとのこと。

「心の旅」「虹とスニーカーの頃」などのヒット曲を持ち、70〜80年代のニューミュージックシーンを牽引したチューリップ。安部氏は71年に同バンドのメンバーとなり、翌72年に「魔法の黄色い靴」でプロデビュー。85年に脱退するが再結成に参加し、12〜13年の40周年記念の全国ツアーを行なった。

ボーカルの財津和夫氏は「とにかくギターを愛した男でした。彼が二十歳の頃に出会って44年の付き合い。青春時代をともに生きてきた大切な友人でした。もう一度ステージで一緒に演奏したいです」と安部氏をしのんでコメントしている。

  • minp!音楽ニュース(2014年09月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's