エンタメ情報まとめ minp!

桜塚やっくんを偲ぶ植樹プロジェクト始動

2013年10月に、不慮の事故で他界した桜塚やっくんを偲ぶ植樹プロジェクト『やっくんの桜の木プロジェクト』が始動することになった。


これは、やっくんと生前親交があったMASA☆(Dear Loving)と岸田健作(RoViN)の2名が中心となり実施するもの。両名は、8月27日に山口県美祢市に出向き、桜塚やっくんが死亡した事故現場や美祢市役所を訪ねた事をブログで発表した。

美祢市の村田弘司市長や同市職員と協議を行い、同市の観光名所の1つになっている「美祢さくら公園」に桜の木を植え、多くのファンやアーティスト及び芸人仲間が集う場所にしたいと表現している。

美祢市は、「悲しい事故であったが、市花が桜である本市において、彼の軌跡が続くことに深い縁を感じている。両氏をはじめ、関係者やファンの想いを大事にさせていただき、できる限り協力したい。」とコメントしており、MASA☆と岸田健作の両名が発起人となり、実現に向けて様々なチャリティイベントを行うとの事。

桜塚やっくんは、東日本大震災の被災地で炊き出しやイベントを行ったりと支援活動を続けながら、ミュージシャンとして活動を行っている最中に不慮の事故で他界した。

『やっくんの桜の木プロジェクト』

MASA☆(Dear Loving)と、岸田健作(RoViN)の共通の仲間である桜塚やっくんが、去年、山口県の美祢市にて交通事故で天国に旅立ちました。

今年の10月で、ちょうど一周忌になります。

そこで、桜塚やっくんのために、また、やっくんが今まで大切にしてきたファンの方々や関係者の皆さんのために、自分達に何か出来ないか?と思い、やっくんが最後に旅立った場所の近くに桜の木を樹立することを考えました。

そこで先日、そのことを山口県美祢市の市長をはじめ、職員の皆様に相談したところ、快く快諾いただき、今回のプロジェクトがスタートしました!

彼の命日や、桜が咲く季節に、ファンの方々や関係者の皆さんが、集える場所になればと考えております。

今後は、MASA☆(Dear Loving)と、岸田健作(RoViN)が発起人となり、美祢市や様々な方々の協力を得ながら、チャリティLIVEや募金活動を行っていきます。

集まった募金は、やっくんの桜の木やモニュメントを設立する費用や、そのやっくんの桜の木を未来永劫適切な管理を行っていただくための管理費等にあてさせてもらいたいと考えておりますので、この企画に賛同していただける皆様は、ぜひご協力ください。

MASA☆(Dear Loving)
岸田健作(RoViN)

『やっくんの桜の木プロジェクト』
https://www.youtube.com/watch?v=KCse0KY9_3E&feature=youtu.be

  • minp!音楽ニュース(2014年08月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's