エンタメ情報まとめ minp!

『霧雨が降る森 ドラマCD 一粒目の雨』キャストコメント到着

探索型ホラーゲームを原作に贈るCD『霧雨が降る森 ドラマCD 一粒目の雨』が9月24日にリリースされる。


今作には、登場キャラクターによるサイドストーリーを収録。さらに、初回特典にはジャケットイラストステッカーが封入予定となっている。そしてこの度、生天目仁美さん、浅沼晋太郎さん、日高里菜さん、伊藤健太郎さんからのキャストコメントも到着している。

--------------------------------------------------------

■『霧雨が降る森 ドラマCD 一粒目の雨』キャストコメント

――収録を終えての感想をお願い致します。

●神崎シオリ役・生天目仁美さん
ホラーは苦手なのですが原作を見させて頂いて「苦手」よりも「興味」の方が大きくなりました(笑)
とても楽しかったです!!先が気になります!!

●須賀孝太郎役・浅沼晋太郎さん
サスペンスやホラーものは大好きなので、出演者として参加しつつも、
いちリスナーのように楽しませて頂きました。
地方に代々伝わるおとぎ話や風習って、ミステリアスで、ともすると怖いですよね…。
とにかく、続きが気になります!

●佐久間美夜子役・日高里菜さん
シナリオを読んだ時もゾッとしましたが、声が乗るとより一層恐怖感が増しました。ナレーションの能登さんの声が怖くて怖くてビクビクしてしまいました。(笑)そして個人的に続きがとても気になります!!

●望月洋介巡査役・伊藤健太郎さん
これからの季節に相応しい、ちょっと涼しくなるような空気の物語でした。基本的に霊の存在を信じていない僕も、ちょっと背筋が……(笑)


――御自身の演じられたキャラクターについて

●神崎シオリ役・生天目仁美さん
先ほども言いましたが、ホラーが苦手なので!!怖いとかの感情はとても新鮮に演じることが出来たかも…(笑) シオリは強くもあり、かわいくもあり…なるべく自然な女の子になればいいなと思って演じてました。

●須賀孝太郎役・浅沼晋太郎さん
「音だけが頼り」であるオーディオドラマで「喋らない」ということは、
かなり特異で挑戦的なキャラクターだと思いましたが、彼の行動にはとても
惹きつけられるものがあるので、今後彼とシオリの関係性がもっと色濃く見えて来るのを楽しみにしています。

●佐久間美夜子役・日高里菜さん
佐久間は所々ギャグ的なシーンもあったので、場を明るくする役割でもあったような気がします。口は悪いですが、とてもいい子だなという印象です。

●望月洋介巡査役・伊藤健太郎さん
もしかしたら裏があるのかも!?と思ってしまうくらいストレートにいいヤツでした(笑)
ミステリーやサスペンスだと絶対何かあるはずなんですけどね、駐在さんって。


――ファンに向けて一言お願い致します。

●神崎シオリ役・生天目仁美さん
私のようにホラーが苦手な方にもぜひ聴いてもらいたいです!!きっと先が気になると思います!!またこの作品で皆さんに会えるのを楽しみにしています!

●須賀孝太郎役・浅沼晋太郎さん
最初お話を頂いた時、「…え?ドラマCDでこの役をどう表現するの…?」が
率直な感想でした(笑)常日頃から、「息のリアクション」は、舞台演技や実写映像演技にはない、アニメだけに存在するテクニックだと思っていたのですが、これほどまでに多用しなくてはいけない日が来るとは…(笑)
小さな息のリアクションやモノローグを聴いて、彼の姿をまぶたの裏に浮かべてくださったら嬉しいです。

●佐久間美夜子役・日高里菜さん
キャストの皆で「怖いね…」と言いながらアフレコを行いました。ゲームを元々プレイしている方も、そうでない方でも楽しんでもらえる内容になっております。楽しんでください!よろしくお願い致します。

●望月洋介巡査役・伊藤健太郎さん
一粒目の雨、楽しんで頂けましたか? 二粒目、三粒目と続くように応援ヨロシク!

----

2014.9.24 ON SALE

『霧雨が降る森 ドラマCD 一粒目の雨』

<登場人物/キャスト>
神崎シオリ…生天目仁美さん
須賀孝太郎…浅沼晋太郎さん
佐久間美夜子…日高里菜さん
望月洋介巡査…伊藤健太郎さん
ナレーション…能登麻美子さん 他、

品番:FFCG-0013
定価:本体2,500円+税
※初回封入特典:ジャケットイラストステッカー(予定)

発売元・販売元:フロンティアワークス


<原作ストーリー紹介>

事故で両親を亡くし天涯孤独になってしまった主人公。
ある日、彼女は両親の部屋から『阿座河村』と書かれた一枚の写真を見つける。
写真には父と母、幼いころの自分……そしてまったく覚えのない祖父が写っていた。
(――もしかして、両親の故郷なのだろうか?)
主人公は寂しさと期待を胸に、両親の面影を探すため『阿座河村』へと向う。

だがそこは、主人公が決して行ってはいけない――“約束の場所”だった。


(C)霧雨が降る森


関連リンク:

星屑KRNKRN
⇒http://nanos.jp/hskzkrnkrn/

  • minp!音楽ニュース(2014年08月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's