エンタメ情報まとめ minp!

『攻殻機動隊ARISE』EDを高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)が担当

9月6日より全国劇場上映がスタートする『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』のEDテーマが「Split Spirit」/高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)に決定した。


同曲は、「攻殻機動隊ARISE」オフィシャルHP(http://kokaku-a.jp/)で公開のborder:4の予告編でいち早く視聴できるほか、9月3日からは音楽配信、そして8月8日にはミュージックビデオの公開も予定されている。作品を手掛けたのは、「攻殻機動隊ARISE」の全てのEDテーマのミュージックビデオを手掛け、コーネリアスの映像作品には欠かせない映像作家・辻川幸一郎。気になる人は、コーネリアス×攻殻機動隊ARISEスペシャルサイト(http://cornelius-kokakua-sound.com/)のチェックをお忘れなく。

そしてこの度、高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)のオフィシャルコメントも到着している。

--------------------------------------------------------

■高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)オフィシャルコメント

――エンディングテーマ曲を担当することになった経緯を教えて下さい。

4つめのエンディング曲の制作が始まる前にちょうど、高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)に参加していて、思いつきました。 YMOのアルバムでSOLID STATE SURVIVORというのがあって、攻殻機動隊の以前のシリーズの中にもSolid State Societyというのがあって、攻殻機動隊は、YMOにも影響を受けていたと思うので、幸宏さんはピッタリなんじゃないかと思いました。
小山田圭吾

――タイトルや歌詞に込められた意味を教えて下さい。

主人公の中の2つの人格の葛藤、虚無感、悲しみ、みたいなものを少し刹那に表現できたらと思いました。
タイトルはLEO君のイメージからです。
高橋幸宏

今作の第二の主人公であるエマを中心に考え、彼女に宿る2つのゴーストとその行方をテーマに書き始めました。即ち、エマの分裂(スプリット)してしまった脳内・精神・霊体(スピリット)という意味を込めた曲名「Split Spirit」です。
LEO今井

――楽曲制作時メンバーの方とどんなやりとりがありましたか?
苦労したこと、面白かったエピソードがありましたら教えて下さい。

最初に小山田君が楽曲の土台と骨組みを作ってそこに僕がリズムとベースを入れました。
気の知れた仲なのでほとんどコミュニケーションはなく進みました。
砂原良徳

時期的に歌入れ前だったので歌の邪魔にならない間奏の場所で遊んでみました。
バトン・リレー形式でスムースに仕上がりましたね。
TOWA TEI

メンバー各自のファイルのやり取りから色々な発想が湧きました。
みんな卓越した打ち込みのセンスなのでぼくは敢えてそこに触れずにホーンで参加しました。
実際の曲作りがこのメンバーでは初めてだったわりに作業もスムーズだったしとても新鮮でした。
ゴンドウトモヒコ

――攻殻機動隊シリーズをご覧になったことはありましたか? どんな印象をお持ちですか?

全部は見ていませんが、初期のもの、そして今回のシリーズ。印象は一貫した独特な寂寥感でしょうか。
そして難解にも思えるストーリーに時々混乱しつつ、それが快感になっていく感覚。
高橋幸宏

――ファンの皆様へメッセージをぜひお願いします。

今回の攻殻機動隊のエンディングテーマ、小山田君からの呼びかけで楽しくバンド初のレコーディングが出来ました。
とにかくスペシャルなメンバーで構成されているグループなので、やっていても色々な発見があってわくわくします。
どうかYT&METAFIVEの世界の一端を作品と共に味わっていただけたら幸いです。
高橋幸宏


<コーネリアス>

ソロデビュー20周年を迎え、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX、プロデュースなど幅広く活動する小山田圭吾のソロプロジェクト。2008年にリリースされた「Sensurround & B-Side」がグラミー賞のベスト・サラウンド・サウンド・アルバムにノミネートされるなど、海外での評価も高い。映像とのコラボとしては「UNIQLO」』「無印良品」』などのCMや「デザインあ」(NHK Eテレ)などのTV番組。ドキュメンタリー映画『「100万回生きたねこ』の映画音楽制作のほか、士郎正宗原作の3DCGアニメ映画『「EX MACHINA』」にもHARUOMI HOSONO+CORNELIUS名義で参加している。これまでのシリーズで独自の“攻殻”世界を紡いできた川井憲次、菅野よう子に続いて、音楽面でも全く新しい『「攻殻機動隊』の世界が期待される。
アーティストサイト⇒http://www.cornelius-sound.com/


<高橋幸宏&METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)>

2013年暮れ、高橋幸宏がある企画ライブのためのバンド構想として、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井に声をかけ、結成されたスーパー・バンド。2014年1月に行われたスペシャルライヴは各方面より絶賛され、話題を呼ぶ。そのライブを全曲収録したライブ・アルバム『TECHNO RECITAL』が7/23に発売。今後の活動に大きな期待がかかっている。


■『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』

2014.9.6 (sat)全国劇場上映開始[2週間限定]
【公式サイト】kokaku-a.jp

全ての電脳が侵される時、そのゴーストは目覚める―――。
SFサイバーアクション、完結の第4部!
   
<INTRODUCTION>
監督・キャラクターデザインは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』などプロダクションI.Gの作品で作画監督・キャラクターデザインを担当してきた黄瀬和哉。
シリーズ構成・脚本は、2010年『天地明察』で本屋大賞・吉川英治文学新人賞を受賞、『マルドゥック・スクランブル』『シュヴァリエ~Le Chevalier D’Eon~』などでシリーズ構成・
脚本を手掛けた人気SF作家・冲方丁が担当。また、音楽を手掛けるのは、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX、プロデュースなど幅広く活動する小山田圭吾のソロプロジェクトであるコーネリアス。スタッフも新たに『攻殻機動隊』が動き出す。

“ 攻殻機動隊、起動―――”

<STORY>
戦後復興の兆しある2028年冬のニューポートシティ――。国外カルテルの利権を巡る水の価格協定への抗議デモを見守る、草薙素子少佐率いる独立攻性部隊の姿があった。その目の前で警備の機動隊による無差別発砲事件が突如発生。それら前代未聞の同時ゴーストハックは電脳ウィルス“ファイア・スターター”が引き金となったものだった。草薙は感染源であるサイードを特定、事件鎮圧のために銃撃する。その最中、草薙の電脳に“枝”をつけた何者かがいた。バトーたちが対象人物の元へと急行すると、そこには全身義体の少女ツダ・エマの姿があった――。陸軍情報部ホヅミ大佐が申し出たエマの引取りを拒絶した荒巻の指示で彼女を護送・調査する草薙は、エマのゴーストへのダイブを敢行。そこには“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダジュニア、ふたつのゴーストが存在した。彼らが目指すものは何なのか。陰謀渦巻くダブルゴーストの真相に草薙が迫る――。

<STAFF>
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督・絵コンテ:工藤進
総作画監督・サブキャラクターデザイン:新井浩一
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ
3DCG監督:井野元英二
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介・益城貴昌
美術設定・プロップ:荒川直樹
撮影監督:田中宏侍
音響監督:岩浪美和
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
エンディングテーマ:「Split Spirit」高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)
アニメーション制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
配給:東宝映像事業部

<CAST>
草薙素子:坂本真綾
荒巻大輔:塾一久
バトー:松田健一郎
トグサ:新垣樽助
イシカワ:咲野俊介
サイトー:中國卓郎
パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉
ロジコマ:沢城みゆき
エマ:茅野愛衣
ブリンダジュニア:小野賢章
クルツ:浅野まゆみ
ホヅミ:慶長佑香
サイード:久川綾

9月6日(土)全国劇場上映[2週間限定]


(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 ARISE」製作委員会


関連リンク:

攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-
⇒http://kokaku-a.jp/

  • minp!音楽ニュース(2014年08月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's