エンタメ情報まとめ minp!

FaRao月間ランキング!今井美樹、高橋真梨子…etc「大人の恋」を歌う名曲が上位独占

FaRao音楽ストリーミングランキングとは、聴き放題インターネットラジオ「FaRao」で1ヵ月間に再生された曲の、再生回数、Good回数、Bad回数を独自の集計で計算したチャート。CD売上枚数やダウンロードのランキングとは一線を画した、ユーザーが直観的に、本当に良い曲だと感じている曲がわかるランキング。

聴き放題インターネットラジオFaRaoが、音楽ストリーミングランキングの6月度TOP20を発表した。邦楽部門は今井美樹の「PRIDE」が、洋楽部門はアウル・シティ&カーリー・レイ・ジェプセンの「グッド・タイム」が、それぞれ1位を獲得した。

この「音楽ストリーミングランキング」とは、ユーザーが「Good」「Bad」を選択することで自分好みの音楽チャンネルが作れるFaRaoにて、1ヵ月間に再生された曲にユーザーが「Good」を選んだ回数、「Bad」を選んだ回数を集計、再生回数に加味して独自の計算で算出したチャート。つまり、ユーザーが直感で「いい曲!」と思った曲がわかるランキングとなっている。

6月度の邦楽チャートで一目瞭然なのは、1位の今井美樹、2位から4位を占めた高橋真梨子、そして5位の杏里や6位の沢田知可子と、キャリアある実力派女性シンガーの楽曲が上位を占めているということ。「大人の恋」を歌ったJ-POPの名曲がFaRaoユーザーの支持を集めているわけだ。その背景には「大人のJ-POP」特集チャンネルでの高評価があるよう。色褪せないJ-POPや歌謡曲の名曲が再び浮かび上がった形となっている。

1位となった今井美樹の「PRIDE」は96年のヒット曲。優しいメロディに伸びやかな歌声が響く、彼女の代表曲だ。「翼があったら飛んでゆくのに貴方の胸に今すぐにでも」と愛する相手への思いを募らせながらも、「だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド」と歌う歌詞の言葉が、働く女性たちに大きな共感を集めた。曲が描く健気で強い「大人な女性」の像は、発表から20年近く経った今でも普遍的な魅力を持っていると言っていいだろう。

2位の高橋真梨子の「桃色吐息」は84年のヒット曲。ムーディーな曲調に艶のある声で歌い上げるのは、やはり「大人の恋」の世界。また「ごめんね…」は「悪ふざけで 他の人 身を任せた夜に 一晩中 待ち続けた あなたの姿 目に浮かぶ」という一節が象徴的な、不倫の歌。「別れの朝」も含め、今のJ-POPにはなかなかない歌謡曲の時代ならではのテイストを持った楽曲と言える。

ちなみに、今井美樹は昨年にリリースしたユーミンのカバーアルバム『Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-』を引っさげて約2年ぶりの全国ツアーを行い、6月には初のロンドン公演も成功させている。高橋真梨子も昨年のデビュー40周年を経て、今年6月には3年ぶりの新作アルバム『Adultica~バラードを、いつも隣に~』をリリース。先日には全国ツアーを開始し、コンサート総動員数650万人という大記録を達成したこともニュースとなった。単なる「懐かしのヒット曲」ではなく、今も第一線に立って歌い続けているシンガーの楽曲であることも、高い人気の理由になっていると言えるだろう。

そして、キャリアを重ねたベテランだけでなく、フレッシュな新人もチャートには登場してきている。目を引くのはテイラー・スウィフトのヒット曲の日本語カバー「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese)」が高い評価を集めるMACO。8月6日にファーストアルバム『amazing sky』をリリースする片平里菜の「Oh JANE」もランクインしている。これらのアーティストも、これから息の長い人気を保っていきそうだ。

一方、洋楽の1位はアウル・シティ&カーリー・レイ・ジェプセンの「グッド・タイム」。アウル・シティは最新EP『Ultraviolet』を配信リリースし、アジアン・カンフー・ジェネレーション主催の「NANO-MUGEN FES.」でも来日。日本独自ベスト盤『ザ・ベスト・オブ・アウル・シティー』もリリースされ、さらに人気の裾野を広げそうだ。

洋楽チャートの上位には、アリアナ・グランデやザ・ヴァンプス、ザ・ロイヤル・コンセプトなどの最新ヒット曲が並ぶ。ここのところはテイラー・スウィフトやケイティ・ペリーなど女性シンガー上位の趨勢が続いていたが、新世代バンドの復権も目覚ましい。どちらもキラキラしたポップなサウンドと爽やかな歌声が魅力のバンド。このあたりが人気のキーポイントになっているようだ。

というわけで、6月度もかなり興味深いチャート状況となっている。今回紹介したランキングの楽曲は、すべてFaRaoアプリ内で無料で聴くことが可能。ぜひチェックしてみてほしい。

TEXT: 柴 那典

  • minp!音楽ニュース(2014年07月23日)
  • 制作協力:okmusic UP's