エンタメ情報まとめ minp!

坂本龍一、太陽光パネルの前で演奏する「XSOL」新CM公開&同CM楽曲を無料配信中

2012年より、太陽光発電事業を手がける企業「XSOL(エクソル)」のイメージキャラクターに起用されている坂本龍一。シリーズ第三弾となる新TVCM「ソーラーコンサート篇」に登場し、書き下ろしたCM楽曲の無料ダウンロード配信を行なっている。

坂本龍一が太陽光パネルの前で演奏するという同CM。アナログ・シンセサイザーを始めとする複数の電子楽器が並べられ、ひとつひとつの音をオーバー・ダビング(多重録音)しながら演奏するシーンが映し出されているのだが、この演奏に使用される全ての電力が実際に太陽光発電でまかなわれているのだ。そして、「もう、未来のエネルギーなんて、呼ばないでほしい。太陽が、動かしている」というメッセージで、太陽光発電の実用性をダイレクトに訴えかける。

XSOLのオフィシャル・サイト内にある『XSOL×坂本龍一スペシャルコンテンツ』ページでは、そのメイキング映像や坂本龍一本人のインタビュー動画が現在公開中である他、前述の通り同CMのために書き下ろしたというオリジナル楽曲が無料配信されている。

「太陽光の応援歌」というイメージで今回のCMソングを制作したと語る坂本龍一。音楽家として世界的な活躍を続ける傍らで、環境問題や平和問題に関する多くの社会活動を積極的に行ってきた彼ならではの、リアリティに満ちた言葉の数々がインタビューの中で聞くことができる。

なお、9月27日(土)に札幌市教育文化会館で予定されていたコンサート『XSOL Presents Alva Noto + Ryuichi Sakamoto「S&S」』は、坂本龍一の活動休止に伴い公演中止とのこと。同氏の1日も早い復帰、活動の再開を願いたい。

  • minp!音楽ニュース(2014年07月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's