エンタメ情報まとめ minp!

マイカ・ルブテ、1stアルバム制作プロジェクト目標金額達成!

クラウドファンディングによる1stアルバムの制作プロジェクトを発表し、注目を集める日仏ハーフの宅録系女子シンガーソングライター マイカ・ルブテだが、期限を1週間余り残し、遂に目標金額を達成したことがわかった。

作詞・作曲・アレンジ・演奏・MIXまでを自ら手掛け、ヴィンテージのアナログシンセからテノリオン、最新のショルキーまでを駆使し、ムーンライダーズの鈴木慶一や武川雅寛、そして菊地成孔、清水ひろたからミュージシャンズ・ミュージシャンのレコーディングやライブにヴォーカルで参加、また数々のCMソングやファッションブランドのコレクション音楽も手掛けるなど、耳の早い音楽ファンからはすでに高い評価を集めていたマイカ・ルブテ。

今回、ソロとして初のアルバムをリリースするにあたり、そのレコーディング資金、ミュージックビデオの制作費などを数々のプロジェクトで話題のCAMPFIREでのクラウドファンディングを募っていたが、パトロンへのCDブックレットやミュージックビデオへの名前の掲載、非売品グッズプレゼント、リリースイベントへの招待、オリジナル曲の提供、などのリターンが人気を呼び、開始からおよそ40日間、残り1週間あまりとなったところで、目標金額を達成した。

目標金額は達成されたが、マイカ・ルブテの記念すべき1stソロアルバムへのクラウドファンディングでの参加は、7月18日まで可能。500円から参加出来る今回のプロジェクト、是非、パトロンになって、マイカ・ルブテの人生に1度の1stアルバムの誕生に参加してもらいたい。

ちなみに、限定2名のみのリターンだったオリジナル楽曲の提供はすでに完売となったが、マイカ・ルブテがデザインを手掛ける世界で1つのKORGのショルキープレゼント1名様のリターンはまだ残っているとのことで、その行方も気になるところだ。

  • minp!音楽ニュース(2014年07月10日)
  • 制作協力:okmusic UP's