エンタメ情報まとめ minp!

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』約3万5千人を動員!桜井和寿、小林武史、秦基博によるコラボステージも!!

2005年からスタートし、毎年日本の音楽シーンを代表するミュージシャンが出演してきた『ap bank fes』。記念すべき第10回目の開催となった今年は、7月22日から石巻・牡鹿半島を中心に開催されている、アート・音楽・食の総合フェスティバル『Reborn-Art Festival 2017』の一環として行われた。

これまでも伝説に残る貴重なシーンを数多く生み出してきた『ap bank fes』だが、今年もメモリアルな場面があった。3日間のオープニングとクロージングでは、桜井和寿と『Reborn-Art Festival』の実行委員長・小林武史が“Reborn-Art Session”の名義で7月21日に配信した、同イベントのコンセプトソング「What is Art?」を初披露。その他、桜井がボーカルを務めるBank Bandが「夏の魔物」(スピッツ/1991年)をカバーしたり、秦基博と桜井が「ひまわりの約束」(秦基博/2014年)でコラボレーション、大森靖子が「掌」(Mr.Children/2003年)をカバー、竹原ピストルと桜井が「RAIN」(竹原ピストル/2014年)で共演するなど、オーディエンスにとってサプライズだらけの3日間となった。

ライブエリア以外の会場でも『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』ならではの充実ぶり。『Reborn-Art Festival 2017』の会場である石巻を中心とした地域から集まった店が並ぶフードエリアには、牡蠣やほやなど宮城県産の新鮮な魚介類や、東北のクラフトビールなど魅力的なメニューがずらりと並ぶ。また、「『Reborn-Art Festival 2017』を石巻だけでなく東北全体のお祭りごとと思ってもらいたい」という思いから、岩手や山形など東北各地からの出店も集められた。“−YOCOCHO−”と名づけられたエリアはバーや居酒屋のように各店にカウンターやテーブルがある店構えとなっており、まさに街の飲食店が並ぶ“横丁”のよう。訪れた客達が店員との会話を楽しみながらゆっくり食事をできる場となっていた。

被災して使われなくなった大漁旗を活用して作ったバッグや、牡鹿半島の女性たちが漁網で手作りしたアクセサリーなど、雑貨ショップに並ぶグッズからも東北の復興への思いが感じられた。現代美術家のパルコキノシタや、アートユニットのYotta(ヨタ)など、石巻・牡鹿半島で行われている『Reborn-Art Festival 2017』の参加アーティストによる『OFFICIAL ART WORKSHOP』も開催。木像づくりやドローイングなどのアート体験ができるワークショップは大人から子どもまで多くの人たちで賑わっていた。ここで作られた作品の一部は、『Reborn-Art Festival 2017』の会場に展示されるという。

『Reborn-Art Festival 2017』は、石巻・牡鹿半島エリアを中心に9月10日まで開催される。アート作品の展示や、全国の人気シェフ・地元のお母さんたちが振る舞う料理を楽しめるほか、「51日間、毎日どこかで音楽が鳴っているプログラム」を開催中。これまでは、『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』にも出演したスガ シカオ、Salyu、Awesome City Club、GAKU-MCなどが、石巻市街地の街角や、アート作品の傍といった特別な場所でライブを披露し、その一部は『Reborn-Art Festival』のオフィシャルInstagramアカウントにてライブ配信された。プログラムの内容は数日前に発表。もしくは当日ゲリラ的に行われることもあるため、随時『Reborn-Art Festival』のオフィシャルサイトやSNSをチェックしておこう。7月31日(月)にも、藤巻亮太×小林武史×四家卯大、Salyu×小林武史によるライブを開催!

<ライヴ写真>
撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)、高田梓(SOUND SHOOTER)

<フードエリア&ワークショップ写真>
撮影:中野幸英、鈴木省一、岩橋仁子、福井馨

  • minp!音楽ニュース(2017年07月31日)
  • 制作協力:okmusic UP's