エンタメ情報まとめ minp!

阿部真央、TV披露した新曲「母である為に」が大反響! 自身の子供に向けられた歌詞に共感・感動の声続出

「母である為に」は2月15日にリリースされた、阿部にとって7作目となるニューアルバム『Babe.』に収録されている楽曲。タイトルには自身の出産や、作品を産み出すという意味が込められており、「母である為に」は、その中でも自身の子供に向けられた思いが訥々と語られる、まるで"子守歌"のような1曲となっている。

司会のチュートリアル・徳井義実は活動を再開した阿部を見て、「グッと大人っぽくなりましたね」と率直に感想を漏らす。かつては10代のカリスマとして多くの若者の共感を呼んだ阿部だが、今回は結婚と出産を経た”母・阿部真央”としての生歌唱となった。

すると放送後にはTwitterで「いつか母になったらこう思いたいなぁって歌」「めっちゃお母さんな歌詞だから歌詞みちゃう」「何故か涙が溢れて止まらなかった」「子を想う気持ちに泣けてきます」「無意識に涙がポロポロ出てきた‥‥」「前のめりになって熱唱する瞳が きらきらしてた 涙腺ゆるむなー」「心が洗われる。テレビに吸い込まれる」「あべまがとても綺麗だった~ そして『母である為に』すごく良い歌詞!母になった阿部真央のこれからの活動がとても楽しみ~!」と、今も変わらずあけすけに曲を紡ぎ、表現する阿部の姿に多くの共感、感動の声が集まった。

阿部は2009年1月21日にアルバム『ふりぃ』でデビュー。等身大でリアルのみを綴った歌詞と、表現力豊かなヴォーカライゼーションは高く評価され、「貴方が好きな私」、「貴方の恋人になりたいのです」「19歳の唄」といった楽曲などが同世代である10代の女性を中心に幅広い層からの支持を得る。その後は結婚・出産を経て、2016年5月には産休明け第1弾シングル「Don’t let me down」をリリースした。

『Babe.』は母親として、大人の女性としての魅力が詰まった新たな境地を切り開く1枚になっている。人生の歩みとともに次々と新しい姿・共感を生み出していくであろう”ありのまま”のアーティスト阿部真央の今後に期待したい。

「母である為に」MV


https://youtu.be/7bBKHZpCvgwアルバム『Babe.』ダイジェスト映像


https://youtu.be/0SccadaVvMY「逝きそうなヒーローと糠に釘男」MV


https://youtu.be/ApKvmi-aHpIアルバム『Babe.』

発売中
【通常盤】(CD only)
PCCA-04492/¥3,000(税込)
【Loppi・HMV限定盤】(CD+DVD)
BRCA-00078/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD ※全形態共通
01.愛みたいなもの
02.逝きそうなヒーローと糠に釘男
03.Don’t let me down
04.You Said Goodbye
05.母である為に
06.この時を幸せと呼ぼう
07.You changed my life
08.Hello, Brand New Days
09.バイバイ
10.gasp
11.POSE
12.女たち
13.背中
■Loppi・HMV限定盤特典DVD
・「You changed my life」Music Video
・「Don’t let me down」Music Video
・「女たち」Music Video
・「母である為に」Music Video
・「逝きそうなヒーローと糠に釘男」Music Video
・あべまおらじお~超超番外編~
・特別企画!阿部真央の知らない「女たち」

「阿部真央らいぶNo.7」

2月25日(土) 大分・大分 iichiko グランシアタ
3月04日(土) 大阪・オリックス劇場
3月05日(日) 大阪・オリックス劇場
3月11日(土) 神奈川・神奈川県民ホール
3月18日(土) 新潟・新潟県民会館
3月20日(月・祝) 北海道・札幌市教育文化会館
3月25日(土) 岡山・岡山市民会館
3月26日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
4月01日(土) 宮城・仙台市民会館
4月02日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月08日(土) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
4月09日(日) 京都・ロームシアター京都 メインホール
4月13日(木) 徳島・あわぎんホール 徳島県郷土文化会館
4月15日(土) 広島・広島 JMSアステールプラザ 大ホール
4月21日(金) 静岡・静岡市民文化会館
4月23日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA

<チケット>
料金:全席指定¥5,800(税込)
※未就学児入場不可
■チケット購入など詳細はこちら
http://abemao.com/news/detail/161

  • minp!音楽ニュース(2017年02月20日)
  • 制作協力:okmusic UP's