エンタメ情報まとめ minp!

【インタビュー】小曽根 真、自らのルーツ、ビックバンド名曲ライヴ集を語る<後編>

「このライヴ盤は僕も一ファンとして聴ける作品。とにかくビックバンドのファンには堪らない選曲で、レコーディング中もバンドマスターというよりは僕自身ファンとして特等席で楽しませて貰いました。
“ヤ・ガッタ・トライ”は2セットやった後のアンコールで録音して、僕が演奏を始めた途端、そのテンポが速くて皆から“マジですか?”という視線が飛んで来ましたが(笑)、素晴らしいテイクが録れました。これこそ正に“No Name Horses”。殆ど予行演習も無しに、自分たちの普通のライヴのセットに1曲だけビックバンドの王道曲を入れて録音するという新鮮さや、“やまをかけていく楽しさ”“追いつめられる面白さ”。もっとリラックスしたムードになると思っていたのに程良い緊張感があって、良い意味で期待が外れたという印象です。」
「No Name Horsesは、普段ミスが殆ど無いバンドで、途中で僕が演奏を変更しても動じないんです。バークリー音大の先生だったハーブ・ポメロイにも“ビッグバンドはコンボの延長”と教わったけれどジャズは吹奏楽じゃない。譜面があってもフリーダムがないといけないと思うんです。
例えば舞台の照明が変るように、15色とかそれ以上の色が次々と変わるパレットのようなもので、予定調和のない事をやるのがジャズの楽しさだし、彼らはそれが楽しめるバンドなんです。リズム感や音楽解釈の深さも抜群。バンドにとってのハードルを上げるのが目的では無いにしても、制作の段階から15人で即興をやる感覚です。とにかく信頼関係が無いと出来ない。6年間彼らと演って来て、今は家族みたいなんです。」

—最後に小曽根 真さんが選ぶビッグバンドおススメの名盤を教えて貰った

「まずバディ・リッチ『ビッグ・スイング・フェイス』。ハモンドオルガンが入っていてカッコいいデューク・エリントンの『70才記念コンサート』は今でも良く聴きます。
あとサドメル(サド・ジョーンズ&メル・ルイス)の『コンサメーション』は、コンボみたいに聴こえるビッグバンド演奏で、同じ楽器編成でも“こんなに違うのか”と、ジャズの醍醐味を楽しめる1枚です。」

小曽根 真 フィーチャリング No Name Horses『バック・アット・ザ・クラブ“イン・トリビュート”』
2011.7.27 On Sale
CD:UCCJ-2088、¥3,000(税込)
um-jazzfes.jp

  • minp!音楽ニュース(2011年07月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's