エンタメ情報まとめ minp!

GReeeeN、新曲がさだまさし原作の映画主題歌に

2009年に発刊されたさだまさしの同題小説を映画化した『アントキノイノチ』は、過去の事件が原因で心を閉ざしてしまった“杏平”と“ゆき”が「遺品整理業」という仕事を通して出会い、失われた命や遺されたモノに触れることで生きる勇気を取り戻してゆくという感動のヒューマンドラマ。

主人公・杏平を演じる岡田将生は、主題歌「恋文〜ラブレター〜」について、「映画『アントキノイノチ』にとてもあっていて杏平とゆきの2人に歌って頂けていると感じた時に、杏平としてなんだかとても報われた気がしました。」とコメントを寄せた。

一方、GReeeeNも自身が書き下ろした楽曲について、「いつにもまして大好きな1曲となりました。大切な人を感じながら、何気ない出来事を話したり、明日の希望を考えたり、また好きになったりすることで、生きたイノチの意味を、感じられると思っています」と語っている。
なお、同曲は今秋CDリリースされることが決定しており、詳細は追ってオフィシャルホームページ(www.greeeen.net/)に掲載される。


【作品情報】
『アントキノイノチ』
2011年11月19日(土)全国ロードショー
出演:岡田将生 榮倉奈々 ほか
監督:瀬々敬久
原作:さだまさし『アントキノイノチ』(2009年/幻冬舎刊)
配給:松竹
音楽:GReeeeN「恋文〜ラブレター〜」(今秋リリース予定)

  • minp!音楽ニュース(2011年07月29日)
  • 制作協力:okmusic UP's