エンタメ情報まとめ minp!

ジャズ・ピアニスト 小曽根 真 一流アーティストに呼びかけ被災地支援チャリティ作をリリース

『リブ・アンド・レット・リブ-ラヴ・フォー・ジャパン』は、企画を発案し短期間で小曽根 真が、ニューヨーク、フロリダ、東京など各地でチック・コリア、ゲイリー・バートン、ランディ・ブレッカー、パキート・デリベラ、ゲイル・モラン・コリア、クリスチャン・マクブライド、ジェフ“テイン”ワッツ、ジェイク・シマブクロ、アナ・マリア・ヨペック、ザック・ブラウン、エリック・ドゥーブ、10人のストリングス、そして神野三鈴といった錚々たるメンバーとレコーディングを行い制作したチャリティー作品で、アート・ディレクターとして佐藤可士和氏がジャケットのデザインを担当している。
収益の全ては公益社団法人企業メセナ協議会GBFund(芸術・文化による震災復興支援ファンド)に寄付され芸術面で復興に役立てられる。

また今回ライヴ・アルバム『バック・アット・ザ・クラブ“イン・トリビュート”』も同時発売された。昨年8月末から9月にかけブルーノート東京で行われた「小曽根 真 featuring No Name Horses」(全10ステージ)で、演奏されたジャズのビッグ・バンド・スタンダード・ナンバー1曲ずつを1枚のライヴ盤として集めた本作。
各テイク1回録りという、まさに一期一会の迫真の演奏が、ライヴとは思えない完成度を生み出している。オリジナル曲のみを演奏してきたNo Name Horsesが、初めて自分達のルーツに最大のリスペクトと喜びを持って向かい合う—ビッグバンド・ファンには勿論、これから初めてビッグバンドを聴くという人にも心から楽しんで頂ける最高のライヴ・アルバムとなっている。

【リリース情報】
小曽根 真『リブ・アンド・レット・リブ-ラヴ・フォー・ジャパン』
2011.7.27 On Sale
CD:UCCJ-2089、¥3,000(税込)

小曽根 真 フィーチャリング No Name Horses『バック・アット・ザ・クラブ“イン・トリビュート”』
2011.7.27 On Sale
CD:UCCJ-2088、¥3,000(税込)
um-jazzfes.jp

  • minp!音楽ニュース(2011年07月27日)
  • 制作協力:okmusic UP's