エンタメ情報まとめ minp!

夏フェス会場騒然、鬼束ちひろ“クレオパトラ姿”でタンバリンを叩きつけ熱唱

クレオパトラを思わせる全身金色の衣装に身を包んだ鬼束は、アカペラ「A WHITE WHALE IN MY QUIET DREAM」で幕開け、続いてピアノ(富樫春生)、チェロ(丸山朋文)を迎えて、激しく羽ばたくかのように舞いながら新曲「青い鳥」を披露。そして2002年3rdアルバム『Sugar High』収録曲から「BORDERLINE」をタンバリンを床に叩きつけながら熱唱、激しい息遣いに会場全体が息を飲んだ。

続く4曲目の「American Woman」(The Guess Who)のカヴァーでは、スモーキーなしゃがれ声に豹変、まさにロック・スターといった圧倒的なステージングを展開。ラスト「Beautiful Fighter」では初のギター弾き語りまで披露するなど、その圧巻のステージに観客は終始圧倒されたままステージを去った。

観客に多大なインパクトを残し、今後の展開が益々注目される鬼束だが、11月から約10年ぶりとなる全国ツアー「HOTEL MURDERESS OF ARIZONA SHOW」を開催する。こちらは彼女の独壇場ともいえるバラードから、ダンサブルなエレクトロ・ポップ、ロック・ナンバーまで、鬼束ちひろのオールタイムセレクトによるカラフルなエンターテイメントショウとなる模様。
チケットは一般発売を前にしたオフィシャルHP先行予約申込を8月7日(日)まで受け付けている。


■鬼束ちひろ約10年ぶりの全国ツアー先行予約開始
鬼束ちひろ CONCERT TOUR 2011
「HOTEL MURDERESS OF ARIZONA SHOW」
【鬼束ちひろオフィシャル・ホームページ先行予約受付】
2011年07月23日 [土] 10:00 〜 8月7日 [日] 23:59
URL:onitsuka-chihiro.jp/category/information/live/

※ 以降の先行予約スケジュール詳細は追って発表予定。

  • minp!音楽ニュース(2011年07月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's