エンタメ情報まとめ minp!

新居昭乃、ピアノ弾き語り全国ツアー初日公演で「絶対出す!」と新作リリースを宣言

他の追随を許さない孤高の存在感と高い音楽性で多くのファンを魅了しているアーティスト・新居昭乃のピアノ弾き語り全国ツアー“Little Piano Vol.6”初日公演が3月5日(土)に東京・早稲田スコットホールにて開催された。


「デビュー30周年のスペシャルプログラム」ということで、オープニング3曲を演奏した後に、1997年リリースの2ndアルバム『そらの庭』を一部打ち込みトラックも交えながら曲順通りにピアノ弾き語りで再現。「ライヴ初演奏かもしれない」という「Solitude」の披露など、スペシャルに相応しい貴重なセットリストとなった。

「流されるままにデビューしていた」と語る新居が、デビュー作から10年以上スパンが空いてリリースした2ndアルバム『そらの庭』は「唄を仕事にしていこう」と決意した転機の一作で、特に寺嶋民哉とのコラボレーションによって作り上げた「妖精の死」は自身の幻想的な世界を表現できた大きな存在の曲だという。それから20年が経過した現在、今回はたった一人でその古びない独自の音像を見事に再現していた。

30年でリリースしたオリジナルアルバムは7枚と寡作な新居だが、今夏30周年盤として新作音源リリースをMCで発表。「絶対出す!」とのその意気込みに、待つことに慣れているファンも今日一番の拍手でその喜びを表現していた。

今回のライブでは、礼拝堂としても使われる会場の雰囲気・音響も相まって、菅野よう子作の「VOICES」のアカペラパート、種ともこの第一子に捧げられたという「Little Edie」の全編無伴奏による独唱、そして、最終曲「虹」の観客との合唱は、賛美歌のような厳かさをまとい、新居の描く世界がよりいっそう美しく鳴り響いていた。

今後、5月の東京・TOKYO FM HALL公演までピアノ弾き語り全国ツアーが続く新居昭乃。中には酒蔵や異人館など一風変わった会場も含まれており、新居の世界観とどのような化学反応を見せるのか、会場に足を運ぶファンは期待しておこう。

■新居昭乃 30th Anniversary LIVE TOUR 2016 “Little Piano vol,6”

3月5日(土)東京 / 早稲田スコットホール
3月13日(日) 山梨 / 酒蔵 櫂
3月21日(祝・月) 横浜 / 赤レンガ倉庫ホール
3月26日(土) 福岡 / 筑前一之宮 住吉神社 能楽殿
4月2日(土) 宇都宮 / ギャラリー悠日
4月3日(日) 仙台 / retroBackPage
4月9日(土) 名古屋 / BOTTOME LINE cafe'
4月10日(土) 広島 / Live Juke
4月16日(土) 札幌 / スターライトドーム
4月23日(土) 浦和 / 柏屋楽器フォーラム
4月24日(日) 新潟 / ジョイアミーア
5月1日(日) 京都 / ライブハウス 磔磔
5月3日(祝・火) 神戸 / 旧グッゲンハイム邸
5月4日(祝・水) 大阪 / MusicClub JANUS
5月8日(日) 東京 / TOKYO FM HALL
5月15日(日) 東京 / TOKYO FM HALL

  • minp!音楽ニュース(2016年03月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's