エンタメ情報まとめ minp!

女子高生シンガー井手綾香、東京初ライブは7月の“お台場合衆国”

長澤まさみが号泣したあとにみせる笑顔が印象的な、エスエス製薬ハイチオールCプラス新CMソング「雲の向こう」で注目を集めている新人シンガーソングライター・井手綾香が、フジテレビが主催する“お台場合衆国 めざましライブ2011”に出演することが決定した。

宮崎市内の高校に通う17歳の現役女子高生、井手綾香。学業との両立のためライヴ活動もままならない彼女だが、めざましライブには7月19日(火)午前11時30分に開演する回に登場し、東京ではデビュー後初めてとなる“うたとピアノ”のライブを披露する。

CMソングに起用されている「雲の向こう」は、不安や期待が入り混じりながらも前へ一歩進もうとする気持ちを綴った楽曲。今年3月にリリースした1stミニアルバム『Portrait』にも収録されているが、CMでの反響を受け急遽シングルカットが決定。
6月のリリース後も「ヴォーカルとピアノだけというシンプルな構成ながら“涙がでるのに元気になれる曲”」と配信などでロングヒットを記録している。

  • minp!音楽ニュース(2011年07月14日)
  • 制作協力:okmusic UP's