エンタメ情報まとめ minp!

flumpoolがアルバムリード曲「解放区」のMVを解禁

flumpoolが3月16日にリリースするニューアルバム『EGG』のリード曲「解放区」のミュージックビデオが解禁された。

先日アルバムのティザー映像を公開し、4Kカメラを2つ組み合わせる新たな手法「4K in 4K」技術と名付られた手法などでも大きな話題を呼んでいたが、そのティザー映像にも使用されていた楽曲「解放区」。新たなflumpoolを解き放つ、エッジーなサウンド感で示すロックナンバーとして注目されていたが、今回そのミュージックビデオがついに公開された。

「解放区」は、メンバーのアルバムへの想いが凝縮された楽曲。様々な感情を、強い気持ちを以て“解き放て"というシンプルで印象的なメッセージが込められているが、単純にそのメッセージ性だけでなく、今回のミュージックビデオでは、それぞれの感情を、アニメーションや様々なキャラクターを用いて、ギミック溢れる世界観で演出している。

設定は、メンバー自身がミュージックビデオを編集している、ある抽象空間のスタジオ。モニターには、メンバーが演奏するシーンや、歌詞のなかにあるキーワード「精神」「発情」「鼓動」などからインスパイアしたシーンが映っている。様々なシーンの感情を調整しながらミュージックビデオを組み立てていくメンバー。次々と、感情を解放していく演奏や映像。そして、次第に世界は絡み合っていき、感情が爆発していく…という内容。『EGG』のティザー映像と同じく、今回もクリエイティブ・ディレクションは電通の佐藤雄介が担当。「解放区」という、「解放」されているのに「区」としてコントロールされている言葉の面白さ、その世界が表現されている。

アルバムのメンバーコメントにもあるように、まさしく“見た人、聴いた人の精神状態によって、どうにでもとってもらえる"ものになって欲しいという願いや、アルバム全体のイメージを具現化した仕上がりとなっている。このミュージックビデオを見て何を感じるか? 魂を解放したくなるか? 必見の映像だ。殻を破った、否、卵の殻から“解放"されたflumpoolを堪能できる作品と言えるだろう。

なお「解放区」は、3月1日(火)より日本テレビ系『スッキリ!!』3月テーマソングとして毎回オンエアされることも決定した。ミュージックビデオも流れるので、こちらもチェックしておこう。

また、MV解禁と共に、オフィシャルサイト上に【flumpool MARCH 14 19 20 TOKYO】という意味深な画像がアップされた。アルバム『EGG』リリース週の3月14(月)、19(土)、20日(日)に都内某所で何かが起こるという知らせなのだろうか? 3月19、20日はアルバムのリリースがある週末だけに、何かイベントが行われるのか? 14日は第2弾発表なのか? とSNS上で話題になっている。

詳細が事前に発表されるかは定かではないが、オフシャルHPやオフィシャルSNS、ファンクラブサイトなどを見逃さずチェックしよう!

「解放区」MV
https://youtu.be/sFtvsbQ3vAM

  • minp!音楽ニュース(2016年03月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's