エンタメ情報まとめ minp!

「アイ★チュウ」初のファンミが大盛況で終了、第二回の開催も決定

3月23日に1stフルアルバム『soleil』(読み:ソレイユ)のリリースも控えているiOS/Android向け恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」のファンミーティングイベントが、本日2月27日(土)に原宿クエストホールにて開催された。


“公式リアルイベント『アイ★チュウ FAN MEETING ~first~』”と題し、昼の部/夜の部の2回に渡り開催されたイベントには、昼の部に白井悠介、峰岸佳、村瀬歩、山本和臣、ロア健治(シークレットゲスト:井口祐一)が、夜の部には下妻由幸、白井悠介、増田俊樹、峰岸佳 、村瀬歩(シークレットゲスト:KENN)が出演、総勢9名のアイチュウが登場した。

そしてこの度、ラストでは第二回ファンミーティングの開催もサプライズ発表され、大盛況となったイベントのオフィシャルレポートが到着した。

■公式リアルイベント『アイ★チュウ FAN MEETING ~first~』イベントレポート

iOS/Android向け恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」のファンミーティング~first~昼の部、夜の部が2016年2月27日(土)に原宿クエストホールにて開催された。

「アイ★チュウ」は女性ユーザーを中心に大人気のiOS/Android向け恋愛リズムアドベンチャー。ユーザーはとある有名芸能事務所が設けたアイドルの卵(アイチュウ)を育成する学園「エトワール・ヴィオスクール」の教師兼プロデューサーとなりアイチュウ達を一人前のアイドルとして成長させる。ゲーム内には8組のユニット、総勢29名のアイチュウが登場し、彼等との恋愛を楽しむことが出来る。今回のファンミーティングにはその中から総勢9名のアイチュウが出演した。

■昼の部では白井悠介がMCを担当

期待に騒めく開演前の客席、その空気を破って流れ出したオープニングムービー。キャラ紹介の映像をバックに「三千院家の名にかけて!」の掛け声をあげ登場したのは白井悠介(三千院鷹通役)。白井に続きステージ上に現われる峰岸佳(朴木十夜役)、山本和臣(及川桃助役)、ロア健治(日下部虎彦役)、村瀬歩(華房心役)、そしてシークレットゲストの井口祐一(湊奏多役)。熱い歓声に迎えられた総勢6名のアイチュウ達によりファンミーティング昼の部が幕を開けた。

鳴りやまない歓声をわって話を始める白井。「あらためましてこんにちは!本日は僕がMCを兼任させて頂きます!」観客や他のキャストと交流をしながらのMCに会場は温かい空気に包まれる。順次行う自己紹介では個性豊かなトークを展開しながらそれぞれが演じるキャラをアピールするキャスト達。舞台裏トークを含めた赤裸々なキャラ&キャストの自己紹介に開始早々会場は大きな歓声と笑い声で盛り上がった。

■「ファンのみんなが喜んでくれる事」で大歓声

流れのままに突入した収録秘話や自身の演じるキャラクターへの疑問やつっこみ話を終え、次に始まったのは「アイ★チュウ ザ プレゼンテーション!」のコーナー。キャストそれぞれが自身のアイチュウが所属するグループを代表しプレゼンテーションを行い、観客の反応が一番大きかったアイチュウが勝者というコーナー。観客の反応を測るのに使うのは騒音計測器、ならぬ「声援計測器」。予想外の計測方法に苦笑するアイチュウ達だが、勝者には「ご褒美」があることを知ると目の色を変えた。それぞれがアイドルらしい気合が入りつつも愛嬌のあるプレゼンテーションを行い誰が勝ってもおかしくない白熱した勝負展開となったが、勝利をつかんだのは村瀬歩(華房心役)、山本和臣(及川桃助役)の所属する「POP’N STAR」。勝者の二人にはご褒美の「くま校長のサイン」が送られ、見事賞品をゲットした二人は輝く笑顔をみせた。

プレゼンテーションのコーナーが終わり暗転するステージ。照明が教室仕様に変わり話始めたのはロア健治(日下部虎彦役)。「プロデューサーおっそいなー。俺様もう待ちくたびれたぜ~」特別ドラマのスタートだ。ドラマの内容はプロデューサーにより呼び出された6人のアイチュウ達がファンミーティングで行う企画を相談するというもの。キャラクターの個性を反映した自由奔放な案が飛び交う中「ファンのみんなが喜んでくれる事をしたい」と真心のこもった案を提案する奏多(井口祐一)。その案に心を打たれたアイチュウ達が選んだ「ファンのみんなが喜んでくれる事」とは「投げキッス」。それぞれが感謝の言葉と共に客席に投げかけた投げキッスは大きな歓声と共にファンのハートを熱く包み込んだ。

■夜の部ではメンバー交代も、プレゼンの結果はまさかの…!?

時間は飛んで18時。再び流れるオープニングムービーと共に幕を開けた夜の部。昼と同じ内容と思いきや山本和臣(及川桃助役)、ロア健治(日下部虎彦役)、井口祐一(湊奏多役)に代わり下妻由幸(十文字蛮役)、増田俊樹(レオン役)、シークレットゲストのKENN(愛童星夜役)が登場し昼とは違ったアイ★チュウ世界をステージ上に作り出した。

メンバーを代えての開幕MC。遠方からの観客をねぎらい、自己紹介を行い、昼とは違った収録秘話が披露される。続いて始まったのは昼からお馴染の「アイ★チュウ ザ プレゼンテーション!」のコーナー。今回も観客の反応を測るのは「声援計測器」。プロデューサーの声を騒音扱いすることを頑なに拒否するアイチュウ達。プロデューサーを想う真摯な気持ちが垣間見えるお茶目かつ心温まるやり取りだ。勝者のご褒美予想に盛り上がる夜の部からの3人を横目にご褒美の内容を知っている昼の部メンバーは余裕の表情。新しいメンバーを迎えてのプレゼンテーションは昼とは違ったアイチュウ達の表情を映し出しながらもヒートアップしていったが、勝負はなんと村瀬歩(華房心役)所属の「POP’N STAR」の勝利という昼と同じ結果を迎えた。勝者の村瀬は喜びつつも驚きを隠せない様子であったが、そんな村瀬に観客達キャスト共々温かい拍手が送られた。

続いて暗転するステージ。映し出されたのは学校の廊下仕様の照明。「今日の仕事は楽しかったなー」KENN(愛童星夜役)のセリフで始まったドラマパートは現実同様に昼から夜へと時間を移していた。昼を踏まえて始まる「第二回アイチュウ作戦会議」。ファンを喜ばせるために頭を捻るアイチュウ達が出した企画案は「アイチュウ達で誰が一番フェロモン王子か」をファンと一緒に考えるというもの。アイチュウ達それぞれが紡ぎ出すフェロモンたっぷりの言葉と魅惑のウィンクで客席は黄色い歓声に満たされた。

■イベントのラストでは第二回ファンミの開催など様々な展開告知が

ラストを控え開催される最後のコーナー「アイ★チュウ ザ 抽選会!」。入場券の半券を抽選券に行われたこのコーナーで昼夜それぞれ6人、計12人の幸運なプロデューサー達がアイチュウ達のサイン入りTシャツを手に入れることとなった。

感動のラスト。アイチュウ達は動画と共に2016年5月21日(土)に渋谷TUTAYA O-EASTにて開催が決定された第二回ファンミーティング、2016年3月23日(水)にJOYSOUNDにて1stフルアルバム『soleil」収録の全16曲がフルサイズでカラオケ配信決定されたこと、当日に会場でアルバムを予約した方だけが視聴することが出来る「アイ★チュウ キャストスペシャルコメント動画」について告知をした。発表を聞いたプロデューサー達は割れんばかりの歓喜の声をあげ「アイ★チュウ」というコンテンツの期待度がいかに大きいかがわかる一幕となった。告知を終えたアイチュウ達は観客達にお礼の言葉を言いステージを去って行き、昼・夜それぞれ1時間半を超えた記念すべき「アイ★チュウ」第一回ファンミーティングを大円団で締めくくった。



(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.

  • minp!音楽ニュース(2016年02月27日)
  • 制作協力:okmusic UP's