エンタメ情報まとめ minp!

つんく♂の指揮で石巻の子供達が「うまれてきてくれて ありがとう」を披露

震災から5年を迎える2016年3月11日に開催される第5回『全音楽界による音楽会』に、石巻の子供達で結成した「つながり隊」が出演。つんく♂指揮のオーケストラ演奏にのせて、クミコの「うまれてきてくれて ありがとう」の合唱に参加することが決定した。

約240人の孤児と、約2000人の遺児を生み出した、2011年3月11日の東日本大震災において、傷ついた心が少しでも元気になるようにという思いから、同年4月よりサントリーホールにて、同チャリティコンサートはスタートした。ジャンルを越えて、日本を代表する音楽家たちが毎年多数参加している。なお当日集まったお金は、公益社団法人3.11震災孤児遺児文化スポーツ支援機構、および一般社団法人チームスマイルを通じて、震災によって孤児・遺児となった子供たちを支援するための資金となっている。

そして、3月11日に行われる第5回に、3.11を体験した石巻の子供達により結成された「つながり隊」の出演が決定した。彼らは“笑顔と元気を届ける活動"をテーマとし、石巻の仮設住宅を中心に、歌で被災地の方々の心を癒す活動を行っている約30名の合唱隊。本公演では、つんく♂指揮のオーケストラ演奏にのせ、クミコと湯川れい子率いる約50人の東京女声合唱団とともに「うまれてきてくれて ありがとう」の合唱に参加する。

この曲は、NPO法人日本子守唄協会・創立15周年記念ソングとして、作曲・プロデュースをつんく♂が、作詩を子守唄協会会長である湯川れい子が手掛けた“次世代に唄い継ぐ子守唄"。2015年の日本レコード大賞の作曲賞も受賞した曲となっている。

未曾有の大震災の爪痕は、被災地そして人々の心に未だ影響を及ぼしている。本公演が長期的な復興・心のケアになることを願う。

コメント

■つながり隊 代表:久我真奈美
クミコさんとのご縁で始まった「笑顔と元気を届ける活動」のつながり隊は、みんなの気持ちで成り立っています。
つながり隊の子供達、親御さん、仮設や老健の人達、遠くから支えてくれている人達とみんながツナガッて手を繋ぎ、心を繋いで成り立っています。
つながり隊のほとんどの子供達が避難所生活を経験し、家を失くし、未だに仮設で暮らしている子供もいます。
その子供達が、「辛い思いを共有しあう場」、それが“つながり隊"だと思います。

そして、忘れられない事は、つながり隊の仲間に、堅登君、巴那ちゃんという3.11で命を失った仲の良い兄妹がいます。
2人は震災当時、大川小学校六年生と四年生でした。2人のお母さんが、つながり隊のポスターを描いてくれました。
未だ巴那ちゃんは行方不明ですが、必ず帰ってくるとみんなで信じながら、今日も笑顔を届けています。

つながり隊の子供達は、仮設や老健の人達に聴いてもらうために一生懸命に練習します。
様々な世代の子ども達がいるので、高学年は小さい子の面倒をみたり、他校の生徒と友達になれたりと、隊の中で友情も広がります。
人の暖かさ、優しさ、そして感謝する気持ちが芽生えます。
この気持ちが、子供達の将来に、何かしら役に立つと信じています。

そして今回3.11という運命の日に、サントリーホールで合唱できる機会に恵まれた事は、頑張ってきた子供達への人生のプレゼントになるのではないかと思っております。
これからもずっと、みんなとツナガッテ続けて行きたいと思っています。

■作曲・プロデュース:つんく♂
2011年3月。
我ら夫婦にとっては第三子となる次女が妻のお腹の中で元気に育っていました。
臨月ではありましたが出産予定は月末。まだまだ少し先だと思っていました。
そんな矢先、3月11日の大震災。
長男長女の双子たちもまだ3歳にもならない時期で、東京に住んでいてもてんやわんやの大騒ぎでした。
テレビのニュースからは暗い場面ばかり…

妻もお腹の子も大変驚いたからか、急に産気づき、3月15日の夜から病院に入り、翌16日に次女が誕生しました。
そうです。その時産まれた我が子もあれからもう5年。
もうすぐ5歳。
あの大きな震災からもう5年なんですね。
我が子たちも大きくなりました。

縁があって作曲することとなったクミコさんが歌う「うまれてきてくれて ありがとう」は、アレルギーを持つ次女を寝かしつける時にふと口にしたフレーズから出来上がった曲です。
今回参加してくれる石巻のお子様たちも2011年から比べたらずいぶん大きくなったんだと思います。
今はもう会えない地元の仲間たちの分も一緒に成長してくれているはず。
たくさんの夢や希望と一緒に今日まで成長してくれたんだと思います。

きっといつの日か自分の自信の「未来」という大空に向かって自由に羽ばたいていくんだと思いますが、3月11日のコンサートは、そんな日に向けての助走のお手伝いになればと思い、参加させていただくこととなりました!
クミコさんと一緒に合唱団“きっとツナガルつながり隊"の皆さんと共演出来る事、本当に楽しみに思っております。

■歌手:クミコ
コンサートのために、初めて石巻にうかがった、その日が大震災の日でした。
帰京しても、ただ呆然としている私に、チャリティーコンサートへの参加を勧めてくださったのが湯川さんでした。
一歩ずつ、一歩ずつ、前に。

あれからもう5年になります。命のかけがえのなさは、命のはかなさの裏返し。
はかないからこそ尊い命たち。この思いは歌を唄う私にずっと寄り添い続けました。

そして、今回のサントリーホール。
昨年、湯川さんと、つんく♂さんが作られた「うまれてきてくれて ありがとう」を、石巻の子供たちと唄えることになりました。
彼らは、命をツナぐ意味で震災後に私の作った「きっとツナガル」を唄い続けてくれている「つながり隊」の皆さんです。
湯川さん率いられる東京女声合唱団と、つんく♂さんの指揮で、命の讃歌を唄います。

5年が過ぎても、私たちは、ずうっとツナガッている、ツナガッた命たちなのだという思いで舞台に立ちたいと思っています。

『全音楽界による音楽会』

3月11日(金)  サントリーホール大ホール
18:00開場、18:30開演
料金:無料
※但し、入場時にお一人10,000円以上の義援金を申し受けます。
※全席指定
出演者:つんく♂、クミコ、氷川きよし、谷村新司、江原啓之、ル・ヴェルヴェッツ、大月みやこ、さだまさし、石川さゆり、岩崎宏美、クリス・ハート、ジョン・健・ヌッツォ、横山幸雄、coba、水野優也、四世 今藤長十郎、小林沙羅、東京女声合唱団、神楽坂女声合唱団、六本木男声合唱団倶楽部有志 ほか
指揮:大友直人、渡辺俊幸

  • minp!音楽ニュース(2016年02月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's