エンタメ情報まとめ minp!

冨田勲が創った伝説の音源、ついに初CD化!

今年84歳を迎える世界的な作曲家でシンセサイザーアーティストの草分けである冨田勲が、最初期に創った伝説の音源を詰め込んだアルバム『オホーツク幻想』を3月23日にリリースする。

初音ミクやオーケストラとコラボした「イーハトーヴ交響曲」を作曲し、昨年には北京で公演を行なって大きな話題となったことも記憶に新しい冨田勲。今なお衰えぬ創作意欲を燃やす巨匠による新たなアルバムのリリースが発表された。

3月23日に日本コロムビアからリリースされる『オホーツク幻想』は、冨田勲が1970~80年代に世に送り出した傑作シンセサイザー作品を再構成&サラウンド化するISAO TOMITAプロジェクトの最新作。宮沢賢治の作品世界を音で描いた「イーハトーヴ交響曲」によって明るみになった冨田の賢治への思慕が、今回のアルバムにも深く刻印されている。“賢治最愛の妹トシから賢治にあてた架空の手紙”を表象したという「オホーツク幻想」と共に、トミタのシンセサイザーによる最初期の作品である「銀河鉄道の夜」を収録。当時の価格で1000万円したというMOOGシンセサイザーを入手し、手探りで操作方法を模索しながら音を作り出した、まさに最初期に作られた貴重な音源だ。

さらに、80年代にリリースされた人気作「マ・メールロワ」や「亡き王女のためのパヴァーヌ」などもサラウンド化。今回のアルバムに収録されることにより、賢治の世界と呼応しながらまた別の様相を呈し、“エレクトロニクス賢治”とも言える音世界を展開している。

ジャケットワークは、DOMMUNEの主宰であり、冨田勲をたびたび番組やフェスに起用して再評価の牽引役となっている宇川直宏が、冨田と対話を重ねながら作り上げた。冨田は今回の音楽イメージについて“賢治は、北へ行けばトシの魂に会えると、樺太の日本最北の地まで樺太鉄道に乗って行った。賢治にはオホーツクの海はあまりにも広大だった”とコメントを寄せ、このイメージに着想を得て作り上げた今回のジャケットに関しては““銀河鉄道"は更に見たことのない遠くの世界へ行こうとしています”と感慨を込めて語っている。

なお、タワーレコードでは『オホーツク幻想』の購入者を対象に、このアートワークを起用したオリジナル特典クリアファイルが、さらにHMVでは、オリジナルの特典コースターが付与される。特典の詳細、付与店はオフィシャルHPでチェックしてみてほしい。

Photo:Yasuhiro Ohara

アルバム『オホーツク幻想』

2016年3月23日発売
COGQ-89/¥3,000+税
※SACD Hybrid
<収録曲>
01.オホーツク幻想(冨田勲)
02.亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
〈マ・メール・ロワ(ラヴェル)〉
03.眠れる森の美女パヴァーヌ
04.夜の森に迷った一寸法師
05.パゴダの女王レドロネット
06.美女と野獣の対話
07.妖精の園
〈銀河鉄道の夜(冨田勲)〉
08.ケンタウルス祭の夜~天気輪の柱~白鳥の停車場~水晶の砂の川原~鳥捕りのおじさん~さそりの火

  • minp!音楽ニュース(2016年02月24日)
  • 制作協力:okmusic UP's