エンタメ情報まとめ minp!

ギターの巨匠、高中正義 鉄オタ高じて25万の“鉄道模型ジオラマ・ギター”販売

今年デビュー40周年を迎えるフュージョン系ギタリストの第一人者、高中正義が、アコースティック・ギターに鉄道模型を配した25万のジオラマ・ギターを市販する。

鉄道模型マニアとして知られる高中だが「ある日ギターの上に電車を走らせてみたい!」と思いつき、早速鉄道模型作家の諸星昭弘に制作を依頼。市価50万円は下らないフェンダー製のストラトキャスターのボディ部分に山やトンネルを作り、線路をNゲージの列車を走る史上初のジオラマ・ギターが完成したのは2009年。
その後も、この趣味は止まる事を知らず、今度はマーチン製のミニ・ギターをベースに、セイシェル島のリゾートをイメージした架空の楽園を再現したジオラマ・ギターを開発、受注生産で市販までするという。

今回イメージした島「セイシェル」と言えば高中の1976年に発表したソロ・デビュー・アルバムのタイトルで、模型をよく見るとトラックの側面には『SINCE 1976』と書かれ、同アルバムのジャケに登場するTROPIC BIRDS(シラオネッタイチョウ)のイラストが描かれ、線路を走る列車にはデビュー40周年記念して『40EXPRESS』とペイントされる等、細かい所にもこだわりを見せるなど愛情を感じさせる作りとなっている。

当の開発者本人からは「セイシェルの箱庭ギターを造りました! 飾って眺めるもよし、これで『OH! TENGO SUERTE』『蜃気楼の島へ』『憧れのセーシェル諸島』(いずれもアルバム『セイシェル』収録曲) を弾いてみよう!元になったマーチン・ミニギターは小さいながらも音は良く、最新アルバム収録曲『40年目の虹』と『Walking Toward the Rainbow』で使ってます!』というコメントも届いた。
このギター、各模型の底面に磁石が装着されているので、外して演奏も可能。さらに別売のユニットを購入すれば、列車を走らせる事も出来るというから、ギター面、鉄道模型面双方で手抜かりはない。

この凝りに凝ったジオラマ・ギター、1本1本手作りの完全受注生産。専用ケース、本人直筆サイン入り認定書が付いて税込25万円となっている。

<高中正義40周年記念/ジオラマ・ギターHP>
(www.kurosawagakki.com/takanaka/)

  • minp!音楽ニュース(2011年07月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's