エンタメ情報まとめ minp!

DIR EN GREY中南米上陸 チリ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコでライヴ

DIR EN GREYが11月下旬から12月にかけて中南米ツアー「OVERSEAS (SOUTH AMERICA / MEXICO) TOUR2011 AGE QUOD AGIS」を開催することを発表した。

DIR EN GREYは、既にアナウンスしていた8月の欧州ツアー、そして9月から11月上旬にかけての国内ツアーを終えた直後、新たにチリ、ブラジル、アルゼンチン、そしてメキシコの4ヵ国を廻るという怒涛のスケジュールを発表。日本では冬にあたるこの季節だが、南半球にある現地は夏ということで、文字通りの“灼熱のライヴ”を繰り広げる。

また、この4公演にはサポート・アクトとして、ノックスビル(テネシー州)出身のオルタナ・ロックバンド10 Yearsが同行することも決しており、2007年の日本ツアー以来、再びのタッグとなる同バンドとの掛け合いにも注目が集まる。

怒涛のツアーが幕開ける8月3日には、2年9ヶ月ぶりのニューアルバム『DUM SPIRO SPERO』のリリースも控えているDIR EN GREY。“生きているかぎり希望を持ち続けることができる”とのラテン語の格言がタイトルとなっている本作は、自身最多となる世界20ヵ国での発売が決定するなど、さらなる進展をみせる彼らの新作が海外でどのような反響を呼ぶのかにも大きな期待が寄せられている。


<TOUR2011 AGE QUOD AGIS>
「OVERSEAS (SOUTH AMERICA / MEXICO) TOUR2011 AGE QUOD AGIS」
Support Act : 10 Years
11月23日(水) サンティアゴ/チリ/TETRO CAUPOLICAN
11月27日(日) サンベルナルド・ド・カンポ/ブラジル/ESPACO LUX
11月29日(火) ブエノスアイレス/アルゼンチン/TEATRO FLORES
12月2日(金) メキシコシティ/メキシコ/Circo Volador

  • minp!音楽ニュース(2011年07月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's