エンタメ情報まとめ minp!

やくしまるえつこ大編成新曲が『ウテナ』『セーラームーン』の幾原監督新作OP曲に起用

やくしまるえつこが大編成の演奏陣を従えたソロプロジェクト「やくしまるえつこメトロオーケストラ」としての新曲「ノルニル」が、MBS系列で7月7日より放送のTVアニメ『輪るピングドラム』のオープニングテーマに起用されることが明らかになった。

全24話の完全オリジナルストーリーとなる『輪るピングドラム』は、1997年に放送されたアニメ「少女革命ウテナ」や「美少女戦士 セーラームーン」シリーズのディレクターなどで知られる幾原邦彦氏の約12年ぶりの監督作。今作でも可愛らしいキャラクターとは裏腹に、先の読めないストーリーと、謎が謎を呼ぶ展開でアニメファンに新鮮な驚きを与える。



そんな幾原作品のオープニングを飾る主題歌である、やくしまるえつこメトロオーケストラの新曲「ノルニル」は、ピアノ・江藤直子、ギター・大津真、ベース・ナスノミツル、ドラム・植村昌弘、トロンボーン・青木タイセイ、トランペット・鈴木正則にオーケストラを加え演奏されている。リリースについては発表されていないが、新たな“やくしまるワールド”に注目だ。



なお、エンディングテーマには日本が世界に誇るオルタナティヴ・ロックバンド、coaltar of the deepersの「DEAR FUTURE」が決定している。

  • minp!音楽ニュース(2011年07月05日)
  • 制作協力:okmusic UP's