エンタメ情報まとめ minp!

【第58回グラミー賞総括】テイラーが3冠、ガガ・ジョニデらがレジェンド追悼パフォーマンス

2016年2月15日(日本時間16日)にアメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターにて、世界最高峰の音楽の祭典“第58回グラミー賞授賞式”が開催。人気アーティストらが多数出演し、豪華なパフォーマンスやプレゼンターの登壇などで盛り上がりを見せた。


テイラー・スウィフト「Out of the Woods」の華麗なパフォーマンスでスタートを飾った今年のグラミー賞授賞式。そのテイラーは7部門にノミネートされ、見事“年間最優秀アルバム”“最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム”“最優秀ミュージック・ビデオ”の3部門を受賞した。

最多となる9部門11ノミネートのケンドリック・ラマーは、“最優秀ラップ・アルバム”など5部門を獲得。囚人服でのライブ・パフォーマンスでも観客を魅了した。その他“年間最優秀レコード”にはマーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズの「Uptown Funk」が、“年間最優秀楽曲”はエド・シーランの「Thinking Out Loud」が受賞し、エドにとって悲願の初受賞となった。“最優秀新人賞”は昨年に引き続きノミネートされていたメーガン・トレイナーが受賞。マーク・ロンソンは3部門、アラバマ・シェイクスは“最優秀ロックソング”など3部門受賞となった。

そして毎回賞レースと同じく話題となる豪華パフォーマンスでは、TV初パフォーマンスとなったアリス・クーパー、ジョニー・デップ、ジョー・ペリー(エアロスミス)らの“ハリウッド・ヴァンパイアーズ”は、モーターヘッドのレミー・キルミスター追悼に加え新曲を披露。4年ぶりにグラミー賞に帰ってきたアデルや、ジャスティン・ビーバーなどが観客を酔わせた。ライオネル・リッチー トリビュートではジョン・レジェンドやメーガン・トレイナーらが登場し、ライオネル本人とも名曲の数々を披露。そして先月急逝したグレン・フライの追悼ではドン・ヘンリーらイーグルスのメンバーが登場し、ヒット曲「Take It Easy」を演奏した。

今年1月、新譜発表直後に逝去したデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスには、レディー・ガガがボウイを彷彿とさせる衣装とメイクで登場。「Let’s Dance」「Heroes」など10曲をメドレーを熱唱した。

一方、日本人ノミニーで小澤征爾が指揮したオぺラ・アルバム「ラヴェル:「こどもと魔法」)が「最優秀オペラ・レコーディング」を見事受賞。小澤征爾は8回ノミネートで今回80歳にして初受賞となった。最優秀劇場ミュージカル・アルバムにノミネートされていた、渡辺謙が主演したミュージカル「王様と私」、および最優秀ミュージック・ビデオにノミネートされていたShin Nishigakiは惜しくも受賞を逃した。

なお、スタジオゲストにジョニー・デップとジョー・ペリーら豪華メンバーが登場したWOWOWでの生中継リピート放送は、今夜21時から行われる。

■受賞コメント/“最優秀新人賞”メーガン・トレイナー

(受賞した時に泣いてましたが何を覚えてますか?)
パパとママの前で鼻をすすらないように泣いてたのを覚えてます(笑)。

(どうしたらいい曲を書けるのでしょう?)
とにかくどんどんと書き続けることね。ワタシは2日前にも1曲書いたわ。あとは自信を持つことね。
自信を持てるようになったら、あとはことが早く進む。私は何が欲しいかをわかってたから、目標へ向かって、とにかく前へ向かって進んだの。

(2枚目のアルバムについて教えてください)
次作は前作とは大きく異なる内容になるわ。もっとハードで、もっとドープで、雰囲気が異なるの。
音楽自体のスタイルが変わると思うわ。受賞したあとは家族が泣き叫んでたんだけど、パパがこう言ったの、
「これからは「グラミーにノミネートされた(メーガン・トレイナー)」じゃなく、「グラミー賞受賞者の(メーガン・トレイナー)」だなって」

(今日のパフォーマンスで印象に残ったものは?)
トリー・ケリー&ジェイムス・ベイのパフォーマンスがクールだと思ったわ。
とても印象的だったわよ。

■受賞コメント/“最優秀ロックソング”“最優秀ロック・パフォーマンス”“最優秀オルタナティブ・ロック・アルバム”受賞 アラバマ・シェイクス

(今日のパフォーマンスはいつもと様子が違ったように思えましたが)
私は特に気にならなかったわ。

(3部門受賞についてどう思われますか?)
さっきバンドのメンバー達で話してたんだけど、数年前にこのバンドがグラミー賞を受賞する、しかも3部門もだなんていったい誰が予想できたかって!
だから、とってもスペシャルでサプライズだったわ!

(正統派なあなた達がオルタナ部門で受賞したのはどう感じますか?)
私達は音楽の絆があるから、オルタナと呼ばれようが気にしないし、バンドをどのジャンルに入れるかとかはバンドが決めることじゃないわ。
それだけ、幅広いオーディエンスがいるってことだからいいんじゃないかしら。

■豪華パフォーマンス・レポート(パフォーマンス順)

●テイラー・スウィフト

主要4部門のうち3部門ノミネートを含む7ノミネート。「年間最優秀アルバム」を含む3部門を受賞。
また『WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER(私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)を歌った
2013年(第55回グラミー賞授賞式)以来2度目となるオープニングのパフォーマンス。
今回「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム』を受賞した『1989』から『Out of the Woods』を披露。
「最優秀ミュージック・ビデオ」も 『Bad Blood』(テイラー・スウィフト ft. ケンドリック・ラマー)で受賞した。

●サム・ハント&キャリーアンダーウッド

グラミー賞受賞7回のキャリー・アンダーウッド(今回「最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ) 」にノミネート)と、
グラミー賞初パフォーマンスとなるサム・ハント(「最優秀カントリーアルバム」など2ノミネート)がコラボ。『Take Your Time』『Heartbeat』と美しいハーモニーを披露。

●ザ・ウィークエンド

グラミー賞初パフォーマンス。 「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」の主要2部門をふくむ7ノミネートで
テイラー・スウィフトと並び『Can‘t Feel My Face』『In The Night』をセクシーに披露。スタンディング・オベーションが起きた。
「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」を『Beauty Behind The Madness』で、「最優秀R&Bパフォーマンス」を『Earned It (Fifty Shades Of Grey)』で2部門受賞。

●アンドラ・デイ&エリー・ゴールディング

スティーヴィー・ワンダーに才能を見出されデビューしたアンドラ・デイ(「最優秀R&Bアルバム」「最優秀R&Bパフォーマンス」の2ノミネート)と、
「最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)」にノミネートされたエリー・ゴールディングのコラボ。互いにグラミー賞で初パフォーマンス。
アンドラ・デイは『Rise Up』、エリー・ゴールディングは『Love Me Love You Do』を披露。2曲のマッシュアップも。

●ライオネル・リッチー&ジョン・レジェンド、メーガン・トレイナー、ルーク・ブライアン、デミ・ロヴァート

ライオネ・リッチーのコモドアーズ時代からソロのヒット曲まで、その歴史を綴る名曲の数々をコラボレーション。
これは、今回グラミー賞を主催するNARASからミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを授与されるライオネルをたたえるスペシャルなコラボ。
ジョン・レジェンドが『Easy』、デミ・ロヴァートが『Hello』、ルーク・ブライアンが『Penny Lover』、
メーガン・トレイナーが『You Are』、タイリース・ギブソンが『Brick House』そしてライオネル本人が登場!全員で『All Night Long』を披露した。

●リトル・ビッグ・タウン

現在「最優秀カントリー・ソング」「最優秀カントリー・パフォーマンス(グループ)」を受賞。
受賞した楽曲『Girls Crush』を披露。

●ペンタトニックス&スティーヴィー・ワンダー (モーリス・ホワイト追悼パフォーマンス)

スティーヴィーが「モーリス・ホワイト、永遠に安らかに」とのコメントと共にペンタトニックスと『That's the Way of the World』を究極のハーモニーで披露。

●イーグルス/ジャクソン・ブラウン(グレン・フライ追悼パフォーマンス)

先月1月18日に67歳で亡くなったイーグルスの創設メンバーのグレン・フライを追悼し、ドン・ヘンリーらイーグルスメンバーと共に
イーグルスと関係の深いジャクソン・ブラウンが登場。名曲『Take It Easy』を披露。

●トリー・ケリー&ジェイムス・ベイ

「ブリット・アワード2015」で批評家賞を受賞し、今回「最優秀新人賞」など3ノミネートされたジェイムス・ベイと、
同じく「最優秀新人賞」にノミネートされてるトリー・ケリーによるコラボ。互いにグラミー賞で初パフォーマンス。
『Hollow』『Let It Go』の2曲を披露。

●舞台「ハミルトン」キャスト (ニューヨークから衛星生中継)

人気司会者のスティーブン・コルベアの案内で話題のブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」を、ニューヨークのリチャード・ロジャース・シアターからの衛星生中継。
オープニング曲の『Alexander Hamilton』を披露。そしてパフォーマンス後に「最優秀劇場ミュージカル・アルバム」受賞が決定!受賞スピーチもラップで披露した。

●ケンドリック・ラマー

俳優ドン・チードルの紹介で今年のスター、ケンドリック・ラマーが監獄セットの中を囚人姿で登場。今回最多となる9部門11ノミネート!
社会問題に正面から向き合うメッセージが支持される。「最優秀ラップ・ソング」を受賞した『Alright』、『The Blacker the Berry』を刺激的なパフォーマンスで披露。
観客を魅了し主要部門は逃したものの「最優秀ラップ・アルバム」ほか5部門を受賞。

●ミゲル

2部門ノミネートのラッパーのミゲルは『She’s Out Of My Life』を披露し最優秀ロック・パフォーマンス賞のプレゼンターを務めた。

●アデル 

ブルーノ・マーズの紹介でグラミー賞授賞式で4年振りのパフォーマンス。昨年発表し全米チャート1位を獲得したアルバム「25」からのナンバー『All I Ask』を深紅のドレスで披露。

●ジャスティン・ビーバー/ジャックU

「最優秀ダンス・レコーディング」を受賞した『Where Are U Now』をスクリレックス、ディプロとともに披露。
この曲は、スクリレックスとディプロによるプロジェクト「ジャック U」にジャスティンをゲストに迎えたもの。
「ジャック U」もテレビでパフォーマンスを披露するのはこれが初。『Love Yourself』をセクシーに披露し成長ぶりを見せつけた。

●レディー・ガガ(デヴィッド・ボウイ追悼パフォーマンス)

誕生日の1月8日に、3年振りのニューアルバム『★』(ブラックスター)を発売し、その二日後の1月10日に69歳で逝去したデヴィッド・ボウイ。プレゼンターはエド・シーラン。
今回のパフォーマンスの音楽監督は、1983年のボウイの大ヒットアルバム『Let’s Dance』をプロデュースして以来親交の深い、シックのナイル・ロジャース。
ボウイファンで知られていたガガは、ボウイが作り出したキャラクター、ジギー・スターダストを彷彿とさせるオレンジのヘアとメイクで登場。
映し出されたフェイスには稲妻、スパイダー、額の満月とお馴染みの画像が。
そして当時の衣装である「出火吐暴威」という日本語が描かれた山本寛斎デザインのマントを身にまといボウイのかつてのステージを再現、この日一番の盛り上がりを見せ『Space Oddity』『Changes』『Ziggy Stardust』『Suffragette City』『Rebel Rebel』『Fashion』『Fame』『Under Pressure』『Let‘s Dance』『Heroes』の10曲メドレーを熱唱した。
ナイル・ロジャースはギターで参加。レディー・ガガはこの日のためにボウイのタトゥーも入れたという。

ガガはドキュメンタリー映画「ザ・ハンティング・グラウンド(原題) 」用に制作した楽曲『Til It Happens To You』で、「最優秀映像作品楽曲」にノミネートされたが受賞は逃した。
またデヴィッド・ボウイは「最優秀インストゥルメンツ/ヴォーカル・アレンジメント」を 『Sue (Or In A Season Of Crime)』で受賞した。
WOWOWのスタジオに登場したナイルは「ボウイは私の人生を変えた」と語った。

●クリス・ステープルトン ft..ゲイリー・クラーク・ジュニア/ ボニー・レイット( B.B.キング追悼パフォーマンス) 

「年間最優秀アルバム」など4ノミネートされ、 『Traveller』 で「最優秀カントリー・アルバム」を受賞。
ゲイリー・クラーク・ジュニアとボニー・レイットとともに、昨年89歳で逝去したB.B.キングのトリビュートでコラボ。

●アラバマ・シェイクス

アラバマ州出身のロックバンドで大ブレイクしたアラバマ・シェイクス。リード・シンガー兼ギタリストのブリトニー・ハワードは
「高校のころに楽しむために始めました。賞を貰おうなんて思ってなかった」とスピーチし、『Don’t Wanna Fight』を圧巻のパフォーマンスで披露。
「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」(『Sound & Color』)、「最優秀ロック・ソング」 「最優秀ロック・パフォーマンス」 ( 『Don’t Wanna Fight』)と3部門を受賞した。

●ハリウッド・ヴァンパイアーズ

フー・ファイターズのデイヴ・グロールがプレゼンターで登場。
「ロックンロールをやる奴はいっぱいいるけどロックンロールな奴は少ない。レミーはロックンロールな奴だった」と、
昨年12月28日に急逝したモーターヘッドのレミー・キルミスターへ追悼コメントし、ハリウッド・ヴァンパイアーズを紹介。
ハリウッド・ヴァンパイアーズはジョニー・デップ、アリス・クーパー、ジョー・ペリー(エアロスミス)らによるスーパー・グループで今回がテレビで初パフォーマンスとなった。
今日のステージにはガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンらも参加。モーターヘッドの『Ace Of Spades』と自らの新曲『As Bad As I Am』を披露。
ギタリストとしてのジョニー・デップの魅力も炸裂したまさにロックなステージとなった。

●ジョーイ・アレキサンダー

今回初ノミネートされた12歳の天才ジャズピアニストが堂々たるパフォーマンスを披露。

●ピットブル/ロビン・シック/トラヴィス・バーカー/ジョー・ペリー

「最優秀ラテン・ロック/アーバン/オルタナティブ・アルバム」を受賞したピットブルは、ロビン・シック、トラヴィス・バーカー、
ジョー・ペリーとコラボレーション。『El Taxi』『Bad Man』をセクシーな女性ダンサーたちと共に豪華パフォーマンスを魅せた。

●授賞式プレゼンター 

アイス・キューブ、アリアナ・グランデ、サム・スミス、アース・ウインド&ファイアー、エド・シーラン、セレーナ・ゴメス、ビヨンセ、俳優のゲイリー・シニーズ、アナ・ケンドリック他が登壇した。

  • minp!音楽ニュース(2016年02月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's