エンタメ情報まとめ minp!

YELLOW MAGIC ORCHESTRA、31年振りの米公演でオーディエンスが熱狂

YELLOW MAGIC ORCHESTRAが6月26日・27日に31年振りのアメリカ公演を開催し、サポートメンバーにFennesz、小山田圭吾、権藤知彦を迎えグルーブ感溢れるパフォーマンスを披露し現地のオーディエンスを沸かせた。

6月26日にLAの<ハリウッド・ボウル>で開催されたイベントに出演、翌日27日にはサンフランシスコの<ウォーフィールド>で単独公演を行った彼ら。

この日の公演では、メンバーがステージに登場するとオーディエンスからは野太い大歓声が、来場者はYMO原体験世代であった40〜50代の男性が中心で「ファイアークラッカー」や「Behind The Mask」といった初期の楽曲が演奏されると怒濤のようなリアクションが渦巻いた。演奏が終わる毎に「YUKIHORO-SAN!」「SAKAMOTO-SAN!」といった日本語のかけ声がかかり、さらにはサポートメンバーの小山田圭吾にまで「OYAMADA-SAN!」と呼びかけが起こり、改めて海外での人気の高さがうかがえた。

終演後、会場での声を拾うと『懐かしい筈なのに新しく感じる!』『テクノからグルーヴィーなバンドに変わっていて驚いた!』と、31年前に比べると人力テクノ・ファンク・グループに大きく変貌を遂げた現在の姿を、アメリカのファンも好意的に受け入れていた。21時過ぎにスタートした公演は約2時間にも及び、アンコールを含む全18曲を披露した。

アメリカでのパフォーマンスでは、ここ数年の彼らのステージと比べるとボーカル・ナンバーの比率が高まったセットリストとなっており、今後出演が予定されている7月31日の『FUJI ROCK FESTIVAL』と8月7日の東京・夢の島で開催される『ワールド・ハピネス』では今回の米公演のようなグルーブ感溢れるパフォーマンスが再現されそうだ。

<YMO@WAR FIELD/S.F.演奏曲目>
01.Improvisation
02.ファイアークラッカー / Firecracker
03.Behind The Mask
04.Riot in Lagos
05.The City of Light
06.Tokyo Town Pages
07.Lotus Love
08.Ongaku
09.京城音楽 / Seoul Music
10.灰色の段階 / Gradated Gray
11.体操 / Taiso
12.Tibetan Dance
13.Supreme Secret
14.千のナイフ / 1000Knives
15.コズミック・サーフィン / Cosmic Surfin
16.Rydeen
EN-01.Cue
EN-02.東風 /Tong Poo

  • minp!音楽ニュース(2011年06月29日)
  • 制作協力:okmusic UP's